無呼吸・いびき対策におすすめな横寝枕「YOKONE」レビュー

シェアする

無呼吸・いびき対策におすすめな横寝枕「YOKONE」レビュー

快適な睡眠を実現するために欠かせないのがパジャマと寝具です。室内温度や騒音などの室内環境も大きく影響してきますが、手軽に改善できるポイントに寝具が存在します。特に枕は睡眠時の頭を支える目的があります。枕が体に合っていないと腰、肩、頭、ストレートネック、いびき、無呼吸の悩みを抱える方にも悪影響をもたらします。ここでは、無呼吸・いびき対策におすすめな横向き枕である「YOKONE(ヨコネ)」を実際に使用した感想と共にレビューで紹介します。
別の編集スタッフがレビューで紹介しているめりーさんの高反発枕もおすすめです。睡眠が浅い方はすぐに睡眠が深くなったことを実感する可能性が高いですよ! めりーさんの高反発枕も合わせてチェック!

睡眠の質を高めるために自身に合った寝具を購入することは費用対効果が高い自身への投資といえます。一般的に自身への投資というと資格取得や語学習得...

横向き専用枕「YOKONE(ヨコネ)」とは

横向き専用枕「YOKONE(ヨコネ)」とは
YOKONE(ヨコネ)は、光目覚まし時計のインティスクエアを製造販売するムーンムーン株式会社が販売する低反発枕です。ムーンムーン株式会社は、質の高い睡眠で人を幸せにしたいという事業理念を元に運営する会社でインティスクエアやYOKONEはめざましテレビなどを筆頭に多くのテレビメディアやWebメディアに取り上げられている商品です。

頭、首、肩、腕の4点を支える低反発枕です。横向きで寝る時に適した設計でいびき改善などを期待することができます。ちなみにYOKONEは頭の重みを効率的に分散させるリラックスウレタン素材を使用している低反発枕なので肥満気味の方はめりーさんの高反発枕などの頭が沈みづらい枕をおすすめします。※ヨコネも頭の水平が保たれて首と肩への負担が小さい商品です。

2017年2月にリニューアルしてYOKONE2に

2017年2月にリニューアルしてYOKONE2に
当記事でレビューしているYOKONEのリニューアルバージョンとして「YOKONE2」が販売されています。高さ調整・素材変更などの機能が新たに追加されました。

  • 旧タイプのYOKONEを使っている方も継続して使えるように形状を見直していて就寝時だけでなくベットでのリラックス時にも利用できるように使用パターンが増えました。
  • 厚みが異なる高さ調整の板が新たに加わったので体格に合わせて枕の高さを調整できるようになりました。
  • 枕カバーが冷感素材に変わりました!頭を冷やすことは質の高い睡眠に繋がります。※しかし、首元を冷やすと逆効果を与えてしまうので肌触りが良く首元を冷やさない素材を使用しています。

枕の硬さを選ぶことができます。体重が重めの方は硬め、体重が軽い方は柔らかめがおすすめです。※従来のYOKONE枕を使っていた方は、硬めがおすすめです。

横向き寝のメリットとは

横向き寝のメリットとは
横向き寝は東洋医学でもっとも理想的とされる寝姿勢といわれています。横向きに寝ることでいびきを軽減すると共に無呼吸を防止することにつながります。また、横寝をすることで睡眠時の腰の負担を軽減することができます。そして、ムーンムーン株式会社の代表であり睡眠改善インストラクターの武田さんが開発に携わっているという点がもっとも大きなメリットといえます。

横寝専用枕が全ての方に適しているワケではありません。人によっては横寝枕が全く体に合わずに従来の中反発枕や高反発枕のほうが快眠を手に入れることができる可能性があります。枕との出会いは一期一会で万人にピッタリな枕というのは存在しません。トライアンドエラーを繰り返して自分にピッタリ合う枕を探していくのが良いでしょう。ちなみにYOKONEは横向き寝だけでなく仰向けでもうつぶせでも使うことができます。

YOKONEで理解しておきたいこと

YOKONEで理解しておきたいこと
YOKONEを購入する前に理解しておきたいことをまとめて紹介します。

YOKONEのメンテナンスは?

YOKONEのメンテナンスは?
YOKONE枕は、枕の裏側にファスナーがついており付属の枕カバーを洗濯機で丸洗いすることができます。枕は毎日使うものだから衛生面が気になりますし常に清潔に使いたいと考える方が大半といえます。洗濯機で丸洗いできるのでご安心ください。ちなみに私は潔癖症に近いぐらいなのでタオルを巻いて使用しています。

リラックスウレタン素材を使用しているので枕本体は常に空気が通っていて清潔な状態を保ちます。月に一度陰干しで外の空気にさらすとより良いでしょう。また、ウレタン素材なので枕本体がへたりずらい特徴があります。

YOKONEにタオルを巻いて使っています。

YOKONEの値段はいくら?

YOKONEの値段はいくら?
YOKONEの価格は19,440円(税込み)となっています。クレジットカード決済(VISAm、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブカード、マスターカード)と代金引換、銀行振込に対応しています。3つの支払い方法がありますが、クレカ決済がもっとも手間がかからずに簡単です。定番のブルー、女性に人気のピング、どんな部屋にもピッタリ合う人気のホワイトの3種類のカラーから選ぶことができます。

両親、お子様など大切な方へのプレゼント用途でも使えるようにギフトラッピングも無料で利用することができます。

楽天市場やYahoo!ショッピング店にはないお得な特典となりますが、公式サイトで購入すれば3個目が無料になります。(2個購入すれば3個目が無料となります。)購入は公式サイトがおすすめです。(Amazonやドン・キホーテなどのバラエティショップ、ニトリなどの家具・インテリア・生活雑貨通販でも販売されていません。)

公式サイトで購入する

YOKONEを使った感想レビュー

YOKONEを使った感想レビュー
YOKONEは、公式サイトでの口コミやQ&Aサイトでの評判が良く高評価を得ている枕です。実際に私も使ってみました。

枕はiPhoneと同じぐらいの高さ

YOKONEはスマホと同じぐらいの高さ
枕の購入を検討している方は枕の高さが気になると思います。YOKONEは、iPhoneと同じぐらいの高さです。枕が高すぎる心配も不要です。独自の特許技術で首と肩に負担がかからないように設計されているのも安心して安全に使用することができると思います。また、低反発で頭が沈みすぎないようにする設計になっています。

YOKONEを使い始めて1ヶ月間が経過しました。元々柔らかい反発力がない枕を使用していたので、頭が支えられている感じがとてもします。また、深い睡眠が取れているせいなのか、朝起きたときに時間が経った感覚を使い始めの時は持つことができませんでした。

まとめ

いかがだったでしょうか。横向き寝専用枕のYOKONE(ヨコネ)を紹介しました。価格は19,440円となっていますが、枕は毎日使うものなので多少価格が高くても長期的な視点で考えると、快眠を手に入れてプライベートや仕事の効率が高まるので枕に投資をすることはとてもおすすめすることができます。YOKONEが気になる方は今すぐ公式サイトをチェック!

公式サイトで購入する

この記事を書いた人

hinako
hinako生物学修士
生物学に8年間以上携わり生物学の修士として生体に精通した視点の記事執筆と監修を担当しています。