光目覚まし時計SCSETCの特徴と口コミ評判を紹介していきます。目覚ましライトが多色変換して10段階調光できる上に音量調節可能なアラームがセットされている光目覚まし時計です。USB充電と乾電池充電が選択できる点もおすすめポイントのひとつですね。今回は、光目覚まし時計SCSETCの製品を詳しく分析して独自評価していきます。光目覚まし時計の購入を検討している方はぜひ、参考にしてみてください!

光目覚まし時計SCSETCの特徴

光目覚まし時計SCSETC
光目覚まし時計の最大の特徴は、2,500ルクス以上の光を朝に30分前後浴びることでセロトニンの分泌が促進されて夜になるとメラトニンが生成されて良質な睡眠を確保できるようになります。セロトニンを毎日浴びて目覚めることで夜型で乱れた体内時計を正常に戻してくれる効果が期待できます。光目覚まし時計SCSETCでは、そのような効果を期待することができるのでしょうか。まず、最初に光目覚まし時計SCSETCの特徴を一覧で紹介していきます。

  1. ワンタッチの多機能ライト。多色変換でオートカラーチェンジ
  2. 7色の光を選択できるレインボーカラーバリエーション
  3. 10段階の明るさ調節が可能
  4. セットした時間の30分前に光が点灯して徐々に明るくなっていく

上記の通りとなっています。光目覚まし時計の基本的な機能は備わっていることが理解できます。ただし、オートカラーチェンジや7色のレインボーカラーバリエーションは不要と考えます。暖色と蛍光色の2種類だけあれば光目覚まし時計の効果を実感できると思います。

光目覚まし時計の光源は確保できる?

次に重要なのが光目覚まし時計として機能するために必要な2,500ルクス以上の光源が確保できるのかという点です。顔から30cm程度離した状態で2,500ルクス以上の光源確保が重要となってきます。ゆえに3,500ルクス程度の光源を確保できるのが望ましいでしょう。光目覚まし時計SCSETCの公式Amazon通販を確認するとルクス量についての記載がありません。ゆえにどれぐらいの光源が確保できるのか分からない状態となっています。光目覚まし時計は2,500ルクスの光源が確保できないと効果が実感できないので、筆者は推奨できません。いくらデザインが良くても光目覚まし時計の効果を実感できないようでは意味がありません。気になる方はAmazonの公式通販をチェックしてみてください!

光目覚まし時計SCSETCの口コミ評判

光目覚まし時計SCSETCの口コミ評判に関しては、大手総合通販サイトのAmazonと楽天市場を確認しましたが、一切存在しませんでした。楽天市場では取り扱いもないのでAmazonのみで購入可能となっています。当然、大手家電量販店のビックカメラやヨドバシ・ドット・コムでも購入不可能となっています。また、光目覚まし時計の基準である2,500ルクス以上の光源を確保できているかは不明なので光目覚まし時計のinti4(インティ4)なども検討するのが良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計SCSETCの特徴と口コミ評判について紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。

おすすめの記事