睡眠時に音楽を聴くと効果的な3つの理由とは?

シェアする

星

あまり眠れない時、目が覚めてしまった時などに効果的なのが音楽を聞くこと。音楽といっても、なんでも良いわけではなく睡眠の質を高めるために効果的な音楽の2つの条件とは?の記事で紹介したように静かでゆっくりしたテンポのメロディだけの音楽が効果的と言われています。では、どうして睡眠時にこのような音楽を聞くとぐっすり眠れるようになるのでしょうか?ここでは、睡眠時に音楽を聞くと効果的な3つの理由について紹介します。

睡眠音楽が効果的な3つの理由

考える女性

リラックス効果がある

睡眠時に音楽を聞くことはリラックス効果をもたらします。嫌なことがあったりストレスを感じた日であっても音楽を聞くと自然と落ち着いた経験をしたことがある人は多いはずです。音楽、特にゆったりとしたテンポのメロディには人の心を落ち着かせてリラックスさせる力をもっており、心をリラックスさせることは睡眠へ誘導するために効果的なのです。効果的な音楽として「1/fのゆらぎ」と呼ばれる音楽が有名ですが、この音楽は眠りに就く状態を作り出す脳波に変化させることができます。音楽は脳をリラックスさせ、脳波を入眠状態へと変化させることができるため睡眠に効果的というわけです。

意識的に何もしない時間を作れる

睡眠前に音楽を聞くことにより、意識的に音楽を聞く時間を作ることができます。音楽を聞いている間は何もせずのんびり過ごす時間が必然的に生まれます。日中忙しく体を動かしたり頭を使っていた方たちも、心身ともに何もしない時間を作ることによってストレスや疲れから解放され、心を落ち着かせることができます。何もしない時間を故意的に作ることで、ゆっくりとした時間を過ごすことができ入眠体勢を作ることができるため、音楽は睡眠に効果的というわけです。

睡眠の質を高めることができる

睡眠前に音楽を聞くことは睡眠の質を高めることができます。先程も書きましたが、音楽は睡眠の質と密接に関わる脳波をコントロールすることができます。音楽を聞くことにより自然と眠りに就く状態の脳波に変化しいい状態で入眠できるため、その後の睡眠の質が良くなるのです。つまり音楽は、脳波を上手くコントロールすることができるため質の高い睡眠を摂ることができるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は睡眠時に音楽を聴くと効果的な3つの理由を紹介しました。音楽は睡眠にとって大きな効果をもたらし、ストレス社会に生きる私たちの睡眠生活を助けてくれます。また音楽だけでなく、睡眠に困っている方には睡眠サプリの「いぶきの実」や光目覚まし時計もおすすめです。簡単・手軽に質の高い睡眠を得ることができますよ♪

この記事を書いた人

hinako
hinako生物学修士
生物学に8年間以上携わり生物学の修士として生体に精通した視点の記事執筆と監修を担当しています。