誰もが知っている当たり前のことですが、健康で楽しい生活を送るのに睡眠を欠かすことはできません。どんなに仕事ができてお金持ちでも人間に与えられた時間だけは平等です。若いうちは睡眠時間を削ってでもやりたいことや人付き合いを優先する人が多いです。しかし、20代後半になると睡眠時間を削ると体に大きなインパクトがかかります。また、責任あるポジションになってきて睡眠の質で仕事の生産性が大きく異なるのを実感する時期でもあります。ここでは、就寝前にクラシック音楽を聞くべき理由とおすすめクラシックを紹介します!

1/f(エフブンノイチ)のゆらぎが重要

クラシック演奏会や彼女とクラシックコンサートに行って、ついつい眠くなってウトウトしてしまい彼女を怒らせた経験がある方はいませんか? 筆者は過去に一度オペラシティのクラシックコンサートに行った時にやってしまった経験があります。前日いつも通りに睡眠時間を確保していて眠くなる時間ではないのに寝てしまった……素晴らしい音楽をしっとり楽しむはずが台無しです(笑)
クラシック音楽を聞くと眠くなるのは、1/fのゆらぎが関係しています。ぐっすり眠れる音楽!快眠に効果的な1/fのゆらぎとは?という記事で紹介していますが、1/fのゆらぎは人間の生体リズムと同じで癒やし効果とストレス解放が期待できます。

記事始めに戻る

寝る時におすすめのクラシック音楽

寝る時におすすめのクラシック音楽
筆者がおすすめする寝る時におすすめのクラシック音楽は、パッヘルベルのカノンです。筆者はカノンが大好きで「EDMカノン」、「カノンロック」、「トランスカノン」など様々なアレンジカノンを聴き倒しているほど、カノン大好き人間です。仕事中に気分がのらないときは、Youtubeにアップされている作業用カノンBGM(4時間カノンが永遠と流れている)を聞いて集中したりします。Youtubeで様々なジャンルのカノンをチェックしてみてください!

モーツァルトのフィガロの結婚 序曲、ラヴェルのボレロなどが有名です。また、モーツァルトの音楽は全般的に1/fのゆらぎを実感できる曲が多く、色々な研究者がモーツァルトの曲を研究していることでも有名です。

まとめ

いかがだったでしょうか。就寝前にクラシック音楽を聞くべき理由とおすすめクラシックを紹介しました。1/f(エフブンノイチ)のゆらぎの概念を理解することが重要です。人間の生体リズムと同じ1/fのゆらぎを効果的に睡眠に活用しましょう。当然、クラシックだけでなくヒーリングミュージックなどでも同じ効果を得ることができます。

おすすめの記事