人間の睡眠に関する研究は進んでいるようであまり早いスピードでは進んでいないのが現状です。多くの方がビックリすると思いますが、日本人に馴染みの深い振動・大音量で起きるタイプの音の目覚まし時計が原因で起床うつのような状態になってしまうというレポートが睡眠のプロフェッショナルである、菅原洋平さんから出されていました。当サイトでも絶対起きれる音の目覚まし時計と光目覚まし時計のどっちがおすすめ?という記事で紹介していますが、音の目覚ましで起きるのは半強制的に脳を覚醒させてしまいます。ここでは、起床うつを対策したいなら光目覚まし時計の光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)がおすすめな理由を紹介しています。

起床うつとは

起床うつとは
音の目覚ましや振動で起きる目覚まし、フライングアラームクロックのような起き上がらないとアラームを止めることができないタイプの音の目覚ましと時計は半ば強制的に目覚めさせるため「強制覚醒」といった状態になってしまいます。ある意味無理やり起こされていることと同義なので、ストレスも感じやすく朝から自律神経を乱れさせてしまう原因につながります。ストレスを感じて起きることでコルチゾールというステロイドホルモンを急増させてしまいます。これは憂鬱な気分を感じたりうつ病と似たような症状に陥ります。これらのことから音の目覚まし時計などで目覚めると起床うつといったような症状になってしまいます。

起床うつという概念は一般的ではありません。あくまで音の目覚まし時計を使用すると起床時にうつ病と同じ状態を作り上げてしまうことから、起床うつと呼ばれています。仕事が嫌で起きた時に出勤したくないという気持ちとはやや異なります。

音で起きる目覚まし時計が体に与えるマイナス面を正しく理解しましょう。いかに音で強制的に目覚めるデメリットが多いか分かると思います。

光目覚まし時計のinti4がおすすめ

光目覚まし時計のintiSQUAREがおすすめ
光目覚まし時計は光で起きる新しい概念の目覚まし時計です。2,500ルクス以上の光を起床時に浴びることで朝日を浴びながら目覚めるとの同じ効果を期待することができます。朝日を浴びながら起きるとスッキリ目覚めることができませんか? それはセロトニンが関係しています。朝日を浴びるとセロトニンの分泌を促進します。セロトニンは快適な目覚めを促進する脳内物質です。一定時間経過すると眠りを促すメラトニンに変換されるので、光を浴びて起きるのは健康的な睡眠サイクルと体内時計を正常化させるのに大きな効果を発揮します。光目覚まし時計で起きれない原因は何?光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)を試そう!という記事で紹介していますが、使い始めは光だけで起きれない可能性もあります。そのような時は音の目覚ましや目覚ましアプリを併用すると良いでしょう。光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)が気になる方は最安値で購入できる公式サイトをチェック! 理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。起床うつを対策したいなら光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)がおすすめです。きっとあなたの睡眠の質を向上させて人生をより良いものに変えてくれますよ!

おすすめの記事