光目覚まし時計で起きれない原因は何?intiSQUAREを試そう!

光目覚まし時計を購入したけど起きれないという口コミを見受けることが多々あります。光目覚まし時計で起きれない原因はいったい何なのでしょうか。もし、あなたがphilipsの光目覚まし時計を使っているなら光源の確保が不十分な可能性が考えられますので当サイトでおすすめしているinti4(旧商品名:intiSQUARE)の検討をおすすめします。ここでは、光目覚まし時計で起きれない原因を具体的に紹介していきます!

光目覚まし時計で起きれない原因とは

光目覚まし時計で起きれない原因とは
光目覚まし時計で起きれない原因はいくつかあります。ここで紹介する以外にも起きれない原因はありますが、まずこの3つの起きれない原因を確認することが光目覚まし時計の効果的な使い方といえます。

光で起きるのに慣れていない

子どもの時から振動と大音量で起きるのに慣れているため、急に光目覚ましに変えたら起きれない人も多く存在します。光目覚まし時計を購入したばかりで光で起きるのに慣れていないなら、音の目覚ましと時計、スマホアプリの目覚まし時計を併用することをおすすめします。光で起きる概念は欧米では日本より広く普及しており、目覚めを促進する脳内物質であるセロトニンの分泌を促進してくれます。室内にいながら朝日を浴びた状態で起きることができる新しい目覚め方の概念です。

毎日継続的に使い続けていない

サプリメントや運動に共通していえることですが、光目覚まし時計も毎日継続的に使う必要があります。光目覚まし時計の一番の効果は上記で紹介したセロトニンの分泌を促進して、決まった時間に入眠体制が取れるように体内時計を正常化させる点にあります。毎日継続的に使い続ければ必然的に寝る時間と起きる時間が一定になり、音の目覚まし時計がなくても起きやすい習慣を作ることができます。

2500ルクス以上の光源を確保できていない

海外製の光目覚まし時計やphilipsのエナジーライト光目覚まし時計などを使用していると、2,500ルクス以上の光源を確保することができていない可能性が高くなります。(眩しくない距離にphilipsの光目覚まし時計を設置すると2,500ルクス以上の光源を確保することができません。)長期的に光目覚まし時計で起きるにはセロトニンの分泌を促進させて朝スッキリ起きれる習慣を手に入れることが重要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計で起きれない原因を紹介しました。朝スッキリ夜グッスリを手に入れるのに光目覚まし時計を生活に取り入れるのはもっともベストな快眠対策といえます。特に光目覚まし時計のinti4(旧商品名:intiSQUARE)は、コンパクトでありながら2,500ルクス以上の光源を手軽に確保することができます。子どもの寝坊対策や起立性調節障害対策にも効果を発揮します。まずは、公式サイトでinti4(旧商品名:intiSQUARE)の効果やチェックしてみてください! 理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事