睡眠は人生の3分の1を占める重要なものです。良質な睡眠を確保することによって心と体に大きなメリットをもたらすのは誰もが理解していることではないでしょうか。しかし、仕事やプライベートの集まりなどで良質な睡眠を確保しづらい日も多々あると思います。生活、お肌、ダイエットの悩みなど男性・女性問わず悩みのタネが深い体に関係することは全てが睡眠に通ずるといっても言い過ぎではないと筆者は考えています。ここでは、睡眠の質を高めるのに欠かせない目覚ましグッズを紹介します。最強の目覚まし時計は音でもアプリでもないです、光目覚まし時計だと思います!

最強の目覚まし時計の定義は人それぞれ

最強の目覚まし時計の定義は人それぞれです。人によっては寝起きが悪いから絶対に起きれる大音量の目覚まし時計が最強、振動と大音量で起きるタイプの目覚ましが最強、絶対起きれる音の目覚まし時計と光目覚まし時計のどっちがおすすめ?という記事で紹介しているフライングアラームクロックのようにベッドから起き上がらないとアラームが鳴り止まないタイプの目覚まし時計が最強、アプリでもっとも心地よく起きれるタイミングに快眠ミュージックで起きるのが最強、などおすすめの目覚まし時計の定義は異なります。

音や起き上がる仕組みで起床するのは体に負荷がかかる

最強の目覚まし時計の定義は人それぞれ
大音量、振動、強制的に起き上がる仕組みで起こされるのは朝から自律神経を乱れさせる要因につながる可能性が高いです。例えば、ビックリさせられたりドキッとすると心拍数が上昇しますよね。それと同じ状態を朝から作り出してしまうことになります。そのため、筆者は大音量で起きるタイプの目覚まし時計はおすすめしていません。アプリで心地よく起きれるタイミングに音楽を流して起こしてくれるタイプの目覚ましは、おすすめの目覚ましアプリはSleepCycle!ランキングチェックは不要!という記事で紹介している通り筆者も使用していました。しかし、光目覚まし時計に変えてから使用していません。

光目覚まし時計は体内時計を整える

光目覚まし時計は体内時計を整える
光目覚まし時計は、起床時に2,500ルクス以上の光を30分間浴びることによりセロトニンの分泌を促進する効果を期待できます。セロトニンは一定時間経過すると体内で睡眠を促すメラトニンに変換されます。そのため、光を十分に浴びて起きる習慣を身につけることは睡眠の質を高めると共に不規則な生活習慣で乱れすぎた睡眠を取り戻すことができます。筆者も光目覚まし時計を使っているのでおすすめできます。下記の記事でおすすめの光目覚まし時計であるinti4(旧商品名:intiSQUARE)を詳しく紹介しているので合わせてチェックしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。筆者が考える最強の目覚ましは光目覚まし時計です。光だけで起きれるか不安という方は従来の音の目覚まし時計も併用してみてください。 理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事