日本国内で光で起きる目覚めまし時計という概念は浸透していなく、スマホアプリや音で起きる従来の目覚まし時計が一般的です。しかし、海外では目覚まし代わりに自然光を活用したり光で起きるタイプの目覚まし時計を活用する人が日本よりも圧倒的に多いです。ここでは、海外の並行輸入品の光目覚まし時計のメリットデメリットを紹介します。光目覚まし時計を検討しているなら参考になると思います。
ちなみに当サイトでおすすめしているのはムーンムーン株式会社の光目覚まし時計、inti4(旧商品名:intiSQUARE)です。コンパクトでありながら朝日と同じ効果を実感できる優れものです。下記の記事でinti4について詳しく紹介しているので合わせてチェックしてみてください!

並行輸入光目覚ましのメリット

並行輸入光目覚ましのメリット
並行輸入光目覚ましのメリットは、国内で販売されていない光目覚ましを試すことができる点、正規品よりも安価に購入できる点、だと考えます。並行輸入品を理解していない方のために並行輸入について先に紹介します。

並行輸入品は洋服、サプリメント、健康食品、食品系などで販売されていることが多いです。簡単にいうとメーカーが整備している正規の日本への輸出経路ではなく、並行輸入品を統括している事業者が独自の安価な輸出経路で商品を日本に届けて販売する、と理解しておけば良いでしょう。要するに正規のルートだと配送費などが高くつくため、メーカーの商品を独自の配送網で届けて安価に商品を提供するといった形です。日本でも日常的に購入できる体制が整っています。

記事始めに戻る

並行輸入光目覚ましのデメリット

並行輸入光目覚ましのデメリットは、海外製品なので日本でも安全に使用できるか分からない、メーカーの保証対象外となってしまう、故障時のアフターケアや使い方が分からない時のサポートがない、商品説明書などのマニュアル関連が英語ベースになってしまう、などのデメリットが挙げられます。また、並行輸入品だとその国で実際に使用した人のレビュー(評価)が確認できない点もデメリットと考えます。

並行輸入の光目覚まし時計のデメリットをしっかり理解することが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。海外の並行輸入品の光目覚まし時計のメリットデメリットを紹介しました。どのような商品にもメリットデメリットが存在します。また、並行輸入品だと並行輸入のメリットデメリットも関係してきます。正しい知識を身につけて正しい商品比較をして購入しましょう! 光目覚まし時計を購入することで快眠を手に入れて、より一層あなたの人生が素晴らしいものになることを願っています。

おすすめの記事