前回何時間寝るのが良いの?最もベストな睡眠時間とは?の記事で紹介したように、日本人の睡眠時間は他国に比べて短く、文部科学省より推奨されている目安時間よりも1〜2時間ほど短いです。単純に睡眠時間を1〜2時間長く取ればいい話なのですが、普段の日常生活で何かを1,2時間削って睡眠時間を増やすことは難しいですよね。では、短い睡眠時間でも質の良い睡眠を摂るためにはどうすればいいのでしょうか?そこで今回は睡眠時間が短い時に睡眠の質を高めるために気をつけるべきことを紹介します。

睡眠時間が短い時睡眠の質を高めるために気をつけるべきこと

睡眠時間が短い時睡眠の質を高めるために気をつけるべきこと
睡眠時間が短いときに気をつけるべきことは、体内時計のリズムを崩さないようにすることです。
良質な睡眠を取るためには体内時計のリセットが重要な鍵!の記事で詳しく紹介していますが、体内時計はほぼ24時間周期で回っており、睡眠をコントロールしています。ただ、いつもと違う時間に寝たりいつもよりも遅く起きたりすると体内時計のリズムは簡単に崩れてしまいます。そのため短い睡眠時間でも質の良い睡眠を取るためには体内時計がリズムを崩さず、寝る時間や朝起きる時間など毎日一定であることが重要です。そういう訳で毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きることを心がけましょう
休日だけゆっくり遅くまで寝る人は多くいると思いますが、実は普段睡眠時間が短い人にとっては逆効果です。体内時計が崩れてしまい質の良い睡眠を取ることができなくなります。長く睡眠を取った次の日は朝早く起きようと思ってもスッキリ目覚めにくくなり、平日の睡眠が辛くなります。逆に毎日同じ睡眠時間であれば、体内時計も短い睡眠でリズムを作るため毎日眠たいと感じることなくスムーズに睡眠を取ることができます。睡眠時間が短い人は休日であっても平日同様の睡眠時間を取ることを心がけ、体内時計のリズムを崩さないようにしましょう。

また、北の大地の夢しずくネムリスなどの睡眠サプリを活用したり音楽を聴いたり効果的な栄養分を摂取したりするとより効果的に睡眠の質を高めることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は睡眠時間が短い時睡眠の質を高めるために気をつけるべきことについて紹介しました。睡眠時間が十分に取れない人でも効率よく睡眠を取るためには毎日リズムを崩さず同じ時間に寝て同じ時間に起きることが大切。この点を心がけると睡眠時間が短くても認知機能は正常に働き、効率のいい仕事や勉強ができるはずです。ぜひ参考にしてくださいね!

おすすめの記事