人気でおすすめの光目覚まし時計を比較する時に重要なことという記事で紹介しているとおり、光目覚まし時計はまだまだ一般的に浸透しているワケではないのでいくつものメーカーから商品が販売されていません。本来、光目覚まし時計は2,500ルクス以上の光を浴びないとセロトニンの分泌が促進されないので2,500ルクスの光を確保できないと大きな効果を期待することはできません。ここでは、2,500ルクスに満たない光目覚まし時計も合わせて筆者が独自の視点でランキング付けした光目覚まし時計を紹介していきます。

光目覚まし時計おすすめランキング7選

光目覚まし時計おすすめランキング10選

1位 intiinti4(旧商品名:intiSQUARE)

インティスクエア
当サイトでたびたび紹介していますが、光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)は2,500ルクス以上の光源を室内にいながら確保することができます。iPhoneと同じサイズなので持ち運びもできるコンパクトサイズです。従来の大型光目覚まし時計と比較すると価格が安価で効果的な光量を確保できる点が魅力です。公式サイトで購入すれば最安値の19,800円〜(大人気のベッドの木製フレームなどに簡単設置できるアタッチメント付き)で手に入れることができます。まずは公式サイトに移動!

2位 グッデイライト

グッデイライト
グッデイライトはブライトライトの半分以下の価格で17,000円台で購入することができます。ブライトライトME+は約4万円の値段がするのを考えるとインティ4やグッデイライトは安価といえます。ただし、注意点があります。Amazonの販売ショップでは10,000の明るい青空の光を再現。と書いてあるだけで実際にどれぐらいの光量を確保できるのかが不明です。Amazonの口コミをチェックして検討してみてください。

3位 ブライトアップ・クロック

ブライトアップ・クロック
ブライトアップ・クロックは、睡眠サイクルを調整して快適な目覚めを実現するための商品です。インティ4同様、2,500ルクス以上の光を浴びることができる商品となっています。しかし、サイズが大きく高さ50cm程度、重量は1.5Kgを超えます。コンパクトサイズで部屋に物を増やしたくない方はインティ4をおすすめします。

4位 パナソニック LEDシーリングライト

パナソニック LEDシーリングライト
パナソニックが販売するLEDのシーリングライトです。平日と休日の使い分けが可能な快適お目覚めタイマーが内蔵されています。光が徐々に明るくなり目覚めがすっきり起きられる効果を期待できます。部屋のシーリングライトと光目覚まし時計、両方で使えるのでおすすめできます!

5位 Dr.Light(ドクターライト)

Dr.Light(ドクターライト)
光源は850ルクスで高さ30cmの光目覚まし時計です。LED光で日の出を再現する光目覚まし時計というコンセプトで販売されていません。メイドイン韓国でブルー、ピンク、ブラックのボディカラーから選択することができます。購入はAmazonから!

6位 Vansky Wake Up Light 目覚まし時計

Vansky Wake Up Light 目覚まし時計
朝日のような光で快適に目覚める光目覚まし時計、設定した起床時刻に合わせて徐々に光量が上がる仕組みになっているので、光の明るさでストレスなく自然に目覚めることができます。ラジオも一緒になった光目覚まし時計なので使い道は広い商品といえます。

7位 サンライズクロック

サンライズクロック
サンライズクロックもグッデイライトやインティ4同様、朝日が昇るように15分〜60分かけて徐々に明るくなり、就寝時は夕日が沈むように徐々に暗くなる光目覚まし時計です。重要も1Kgを超える上に得られる光量(ルクス)も公式サイトに記載がありません。もし、同じようなコンセプトの商品を購入するなら光目覚まし時計のインティ4をおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計は様々な商品が存在します。中には本来得られるセロトニンの分泌を促進する効果が期待できない商品も存在します。様々な光目覚まし時計を比較検討してみてください! 当サイトでおすすめしている光目覚まし時計inti4を最安値で買うなら公式サイトで購入しましょう! 今すぐ公式サイトをチェック。理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事