不眠症の治療には薬を使った治療法を思い浮かべる人が多いと思いますが、現在は薬を使わない治療法も多くあります。生活習慣を改善する方法や睡眠習慣を身につける方法などがありますが睡眠の質を高めるために非常に重要なのが規則正しい生活を続けることです。なかでも食事はとても大切で、栄養価の偏った食事は睡眠の質を下げてしまします。不眠症を治すならまずは食事の見直しをしてみましょう。そこで今回は不眠症の治療に効く食事で積極的に摂取すべき2つのアミノ酸を紹介します。

不眠症の治療なら睡眠サプリメントの北の大地の夢しずくがおすすめです!

不眠症の改善に重要な2つのアミノ酸

不眠症の改善に重要な2つのアミノ酸
質の悪い睡眠が慢性的に続く不眠症は質のいい睡眠を取る必要があります。良質な睡眠を取るためには体内時計のリセットが重要な鍵!の記事で紹介した通り、質の良い睡眠を取るためには体内時計をリセットすることが重要であり、体内時計をコントロールしているのが体内のホルモン物質「メラトニン」「セロトニン」です。2つのホルモンバランスの変化で体内時計が24時間周期で毎日リズムよく動いているのですが、メラトニンとセロトニンが作られる原料となるのがトリプトファンというアミノ酸です。また、体を温め体内から熱を放出させることで体温を下げ入眠状態を作る働きのあるグリシンというアミノ酸も重要です。つまり質のいい睡眠を取るためにはトリプトファンとグリシンを普段の食生活の中で積極的に摂り入れなければならないということです。

記事始めに戻る

トリプトファン

トリプトファンは必須アミノ酸と呼ばれており、体内で合成することができないため食事から摂取しなければならないアミノ酸です。そのため毎日の食事がとても重要になってきます。基本的には牛や鶏、豚などのレバーや乳製品、大豆製品、ナッツ類などに多く含まれています。
トリプトファンは摂取すると脳に運ばれ、ビタミンB6とともにセロトニンを合成することができ、夜になるに連れてセロトニンはメラトニンへと変換されます。そのため、不眠症の改善効果があると言われています。
また、活性酸素を除去する働きもあるため、アンチエイジングや美肌の効果も期待されています。さらに、トリプトファンはドーパミンやノルアドレナリンの合成にも関わるため気持ちを高めたり集中力UPする効果も期待されており、重要なアミノ酸です。

グリシン

グリシンは非必須アミノ酸と呼ばれており、体内で合成できるアミノ酸です。グリシンの体内の役割は基本的にコラーゲンの合成です。コラーゲンの約3分の1がグリシンと言われているほど重要な成分で、肌の弾力や若さを維持する効果を持っています。
また、セロトニンの分泌を促進させる働きを持っており抗うつ効果があるとして言われています。そして血管を拡張させ血行を良くする働きがあり体温が上昇するため入眠環境を整えてくれます。そのため不眠症の改善効果があると言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は不眠症を治すなら食事で積極的に摂取すべき2つのアミノ酸について紹介しました。睡眠には元を辿ればトリプトファンとグリシンというアミノ酸が重要で、これら2つのアミノ酸を摂取するよると不眠症の改善につながります。ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの記事