睡眠不足は体調不良を引き起こしたり、疲れが取りきれなかったり、頭が回転が遅くなったりと普段の生活に悪影響を及ぼします。特にビジネスマンにとっては仕事中に眠気が襲ってきたり、記憶力が低下したり仕事に支障をきたしてしまいます。しかし、忙しいビジネスマンはなかなか睡眠時間を十分に確保することができませんよね。そんなときにおすすめなのが寝具を替えること。睡眠が短くても質の良い睡眠を摂ればすっきりと気持ちのいい朝を迎えることができます。

こちらの記事もおすすめです。

日本人は睡眠時間が短い

日本人は睡眠時間が短い
日本は世界で最も睡眠が短い国のひとつと言われており、男性の場合平均睡眠時間は6.2時間となっています。他の国では、アメリカは7.17時間、オランダは7.79時間、フランスは7.55時間と1時間ほど長く睡眠をとっています。個人の体質やその時の体調によって最適な睡眠時間は異なりますが、理想として最もベストなのが7時間以上。睡眠不足にならないためには7時間以上の睡眠を確保したほうがいいのです。

記事始めに戻る

睡眠不足で引き起こるパフォーマンス力の低下

睡眠不足で引き起こるパフォーマンス力の低下
睡眠不足になると認知機能が低下したり、集中力が下がったり、仕事のパフォーマンス力が低下してしまいます。睡眠不足はいわば、ほろ酔い気分の状態と一緒。仕事効率が低下し、判断力も鈍りやすくなるので同僚や先輩、上司に迷惑をかけることになります。また、パフォーマンス力の低下だけでなく睡眠不足は免疫機能の低下などにもつながります。そのため、睡眠時間をしっかり確保する必要があります。

上質な睡眠を摂るなら高反発マットレス

睡眠時間を十分確保する必要があっても、現実的に5,6時間しかとることができないビジネスマンは多いでしょう。そんな方でも大丈夫です。睡眠時間が7時間以上でなくても、高反発マットレスを利用して上質な睡眠を摂ることができれば体や頭の疲れを取り除くことができます。なぜなら、高反発マットレスは体をしっかり支え、体への負担を軽減してくれるからです。特に当サイトでおすすめしている「13層やすらぎマットレス」は13層やすらぎマットレスの体圧分散性がもたらす3つの効果の記事でもご紹介した通り、体圧分散力に優れているため寝返りが打ちやすかったり、正しい寝姿勢をキープしてくれます。そのため上質な睡眠をとるには「13層やすらぎマットレス」を含め高反発マットレスがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はビジネスマンが睡眠不足を改善する方法の1つとして高反発マットレスをご紹介しました。ビジネスマンにとっては仕事に支障をきたす恐れのある睡眠不足は大敵です。ただ、睡眠時間を十分に確保できない方には高反発マットレスがおすすめです。高反発マットレスを購入して仕事でのパフォーマンス力をアップさせましょう!

おすすめの記事