質の悪い睡眠は様々な問題を引き起こします。7時間しっかりと睡眠時間を確保しても「寝ても疲れが取れていない」、「昼間になると眠気が襲ってくる」、「平日に感じる寝不足で休みの日に寝だめしてしまう……」。このように睡眠に悩みを抱えている人はとても多いです。筆者もその一人です。睡眠不足や質の悪い睡眠が引き起こす障害は様々です。今すぐ試そう!肩こり解消におすすめの3つの方法という記事や腰痛を治したいなら今使っているマットレスを買い替えようという記事で紹介している腰痛や肩こりも質の悪い睡眠が関係してきます。さらに昔から言われていますが、質の悪い睡眠は肥満の原因にもつながると言われています。ここではその理由と高反発マットレスで良質な睡眠を得ることの大切さを紹介します。今すぐチェック!
こちらの記事も一緒にチェック!

質の悪い睡眠は肥満の原因につながる

質の悪い睡眠は肥満の原因につながる
昔から言われることですが、質の悪い睡眠は肥満につながると言われます。肥満と睡眠の直接的な関係は科学的に証明されていませんが、睡眠時間が少ないと食欲抑制効果がある「レプチン」の分泌が減少して、逆に食欲増進ホルモン「グレリン」の分泌が増えてしまいます。これが肥満の原因につながる要因となります。さらに睡眠時間が短い人は、シュークリームや甘いアイスクリーム、ポテトチップスやフライドポテトなどの炭水化物が多いジャンクフードなどを食べたくなる傾向が強いと言われています。これらの要因から質の悪い睡眠+睡眠不足で肥満につながりやすくなります。

記事始めに戻る

高反発マットレスで睡眠の質を改善

高反発マットレスで睡眠の質を改善
高反発マットレスで睡眠の質を改善してみてください。「体圧分散性が高いマットレス」「寝返りを打ちやすいマットレス」を選ぶことが大切です。体圧を上手に分散してくれるマットレスは睡眠時に体重が一箇所に集中しないため、満足できる良質な睡眠を取ることができます。睡眠時の身体にかかる負担を最小限まで軽減して、良質な睡眠を確保できるのが高反発マットレスのもっとも大きな魅力です。高反発マットレスが気になる方はまず、13層のやすらぎマットレスをチェックしてみてください!
13層のやすらぎマットレスは反発力が高い高反発マットレスですが、シングルサイズが10万円以下で購入できるためお得に購入することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。質の悪い睡眠を続けることで肥満になりやすい環境ができあがってしまいます。自身の意思で食事量をコントロールすることは可能ですが、できれば質の良い睡眠が重要と言えます。睡眠の質を向上させるには、寝る前に十分に身体を温める、就寝1時間前にスマホやテレビを見ない、アロマオイルの香りでリラックスするなどの対策も可能ですが、もっとも大切なことは就寝時の身体を支えるマットレスを見直すことです。体圧分散性が高い13層のやすらぎマットレスなどの高反発マットレスを使用の見直しを検討しましょう。当サイトでおすすめしているマットレスをチェックしてみてください!
こちらの記事も一緒にチェック!

おすすめの記事