13層やすらぎマットレスでは高反発性や体圧分散性に優れた高反発マットレスです。特に13層やすらぎマットレスの体圧分散性は13層やすらぎ高反発マットレスのメリットデメリットでもご紹介している通り、睡眠中体への負担を軽減させ、快適な睡眠ができるようになります。このように上質な睡眠を確保するためには体圧分散性は欠かせません。そこで今回は13層やすらぎマットレスの体圧分散性がもたらす3つの効果についてご紹介します。

体圧分散性とは

体圧分散性とは
そもそも体圧分散性とはどういうものなのかご存知でしょうか?体圧分散性は体にかかる圧力(体圧)を分散させ、体への負担が軽減されることです。体にはお尻や肩など出っ張った部分があるため寝転んだときに出っ張った部分にだけ圧力がかかりやすくなります。一部分にだけ圧力がかかってしまうと血管が圧迫され血行が悪くなったり、腰痛を引き起こしたり、寝返りが打ちにくかったりと悪影響を及ぼします。しかし、体圧分散性によって圧力が分散されるため、体に負担がかかりにくくなりこれらの現象は改善されるのです。そのため体圧分散性に優れている13層やすらぎマットレスは体に負担がかかりにくくとても寝心地の良いマットレスなのです。

記事始めに戻る

13層やすらぎマットレスの体圧分散性がもたらす効果は?

13層やすらぎマットレスの体圧分散性がもたらす効果は?

寝返りしやすい

13層やすらぎマットレスは体圧分散能力が高いため、寝返りが打ちやすいです。体圧を上手に横に逃がすので特定部分に負担をかけることなく寝返りを打つことができます。さらに13層やすらぎマットレス場合、高反発性にも優れており、柔らかすぎず硬すぎない適度な硬さのマットレスということも寝返りが簡単にできる大きな要素となっています。寝返りが打ちやすくなることで筋肉の緊張がほぐれ疲労を取り除いてくれます。

質の良い睡眠ができる

13層やすらぎマットレスの体圧分散性によって、質の良い睡眠ができるようになります。長時間同じ体勢で寝ていても体への負担が少ないため、睡眠途中で起きてしまったり寝付きが悪かったりしにくくなるのです。熟睡できる時間が長くなり、朝起きた時もすっきりと気持ちよく起きることができるようになります。

上質な睡眠を摂るためにはマットレスはとても重要です。

腰痛が軽減される

腰痛を治したいなら今使っているマットレスを買い替えようの記事でもご紹介した通り、総体重の44%が寝ているときに腰に負担がかかっています。硬すぎるマットレスや柔らかすぎるマットレスどちらも腰に大きな負担をかけることになり、腰痛を引き起こしてしまう可能性があります。その点、13層やすらぎマットレスは体圧分散性・高反発性にも優れているため、圧力が腰に集中することなく全体に分散されやすくなり適度な硬さであるため腰への負担が軽減されます。そのため腰が悪い人が寝ても腰に負担をかけることなく寝ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は13層やすらぎマットレスの体圧分散性がもたらす3つの効果についてご紹介しました。体圧分散性は寝心地の良い快適な睡眠をもたらす重要な性能です。そんな体圧分散性に優れている13層やすらぎマットレスは快適な睡眠を与える高品質なマットレスです。睡眠に悩んでいる人、腰痛で悩んでいる人、ちょうどマットレスを替えるタイミングの人にはおすすめです。

おすすめの記事