普段寝付きが悪かったり、睡眠が浅く寝ても寝た気がしなかったり、夜なのに目が冷めて眠れないなどの症状に悩んでいる人は日本で5人に1人いると言われており、特に女性が多いと言われています。このような症状によって日中眠気が襲ってきたり、だるさや疲れといった体調不良が起こる状態を不眠といい、週に2〜3回、2〜3ヶ月間症状が続くようであれば、慢性的な不眠症と言えます。不眠症は睡眠障害の悩みの中で最も多い症状です。睡眠が上手く摂れないと体力的なダメージだけでなく、精神的なダメージも大きく不眠で悩む女性にとって早く解決したい問題ですよね。そこで今回は不眠で悩む女性に向けて、女性特有の原因と不眠の改善方法を2つご紹介します。ぜひ参考にしてください。

不眠症になる原因は女性特有の女性ホルモン

不眠症になる原因は女性特有の女性ホルモン
女性に多い睡眠障害として不眠症が挙げられ、ホルモンバランスが影響していると言われています。つまり女性特有の女性ホルモンが原因で不眠を引き起こしているのです。睡眠時の体温は徐々に低下し深い眠りに入るための準備をします。しかし、生理前の黄体期(高温期)にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が活発になり体温が上昇するため体温が下がりにくくなります。睡眠リズムがうまくとれなくなり、不眠になってしまうのです。これらの現象は生理前、生理中、生理後3日後まで続くので月の半分は睡眠障害が起こりやすい状況にあります。

記事始めに戻る

不眠を改善するためのおすすめ方法

不眠を改善するためのおすすめ方法

1.ビタミンB群を摂取する

ビタミンB群には女性ホルモンの代謝を促進し、ホルモンバランスと整える役割があります。特にビタミンB6はエストロゲンの代謝をコントロールする効果があるので、積極的に食事の中で取り入れるようにしましょう。ビタミンB6が多く含まれている食材はマグロやカツオ、サケなどの魚類やニンニク、レバーなどがあります。普段の食事の中で摂取しにくいという方はサプリメントで摂取するのもいいですよ。

2.体温調節機能をもつ13層やすらぎマットレスで寝る

睡眠を快適にとるためには毎日使う寝具で睡眠環境を整えることが最も重要です。13層やすらぎマットレスは高反発マットレスで適度な硬さを保持しているので寝返りが打ちやすく体圧分散性が高いので体への負担が軽減されます。睡眠環境としてはベストな環境を作ってくれます。また、13層やすらぎマットレスはハイグレードニットという素材を使用しており、体温の変化により熱を調整することができるので、体温が上昇する黄体期でも快適に睡眠をとることができます。ホルモンバランスによって体温に変化が出る女性にとって体温調節機能をもつ13層やすらぎマットレスで寝ることは、快適な睡眠をとることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は不眠で悩む女性特有の原因として、女性ホルモンが挙げられ、その改善方法についてご紹介しました。今回ご紹介した13層やすらぎマットレスは体温調節機能をもち、女性ホルモンによって体温が上昇する女性にとってとても嬉しい機能です。不眠で悩んでいる女性の皆さん!毎日の睡眠をしっかり摂りたいという方は今すぐ13層やすらぎマットレスを購入しましょう。仕事の生産性も上がり、体調が良くなって明るい人生になるはずですよ♪

おすすめの記事