今使っているマットレスや布団の通気性はいかがですか?新しくマットレスを購入するならば通気性は非常に大切です。なぜならば、日本は湿気の多い国であり、睡眠中にかく汗の量は平均で500mlとペットボトル1本分にもなり、その水分がマットレスに染み込んでいることになるからです。通気性が悪ければ湿ったままになり、カビが生える原因になったり、ダニが増える原因になります。通気性の良いマットレスを購入することは快適な睡眠を長く続けるのにとても重要なポイントです。では当サイトでおすすめしている「13層やすらぎマットレス」は通気性はどうなのでしょうか?
高反発マットレスの選び方を知っておこう!

1年を通じて日本は湿度が高い

1年を通じて日本は湿度が高い
日本の湿度は1年を通じて高い日が多いです。特に5月・6月の梅雨の時期や、7月・8月の夏の時期は湿度が高く、気温が高いです。こういった湿気の多く、気温が高い時期はカビやダニが繁殖しやすい環境といえます。このような時期のベッドやマットレスは寝ている間の汗の量も増えるため、よりカビやダニが繁殖しやすく不潔な状態になりやすいです。そのため湿度の高い時期でも快適な睡眠を確保するためには、通気性の良い寝具を選ぶことが重要になります。

記事始めに戻る

マットレスの通気性はとても重要

マットレスの通気性はとても重要
湿度の高い時期が多い日本にとってマットレスの通気性はとても重要なポイントです。マットレスの通気性が悪いと、睡眠中蒸れてしまい寝心地が悪くなるだけではなくマットレスの素材自体も劣化のスピードが早まります。カビやダニの繁殖スピードも早くなり、アレルギーを発症してしまうこともあります。さらにマットレスは折り畳むことができず、外に干すのも一苦労。一人暮らしの人であれば除菌抗菌効果のあるスプレーをかけるくらいでほどんど外に干すことはしないでしょう。そのため通気性の高いマットレスを購入することがとても重要なのです。

13層やすらぎマットレスの通気性は抜群

13層やすらぎマットレスの通気性は抜群
13層やすらぎマットレスは高反発マットレスでありながらも通気性が抜群です。高反発マットレスだと通常ラテックス素材を使用しているため通気性が悪くなりやすいのですが13層やすらぎマットレスの高い反発力をもつ2つの理由の記事で詳しく書いていますが、13層やすらぎマットレスはクラウドMAXウレタンという素材を使用しているため、通気性が非常に良いのが特徴です。さらに通気性がよくなるようにマットレス本体の両サイドに2つずつ通気口(エアレット)がついています。これにより、睡眠中にこもりがちな湿気を外部に放出でき、常に快適に寝ることができます。また、通気口によって体重をかける度に空気が入れ替わるので清潔感を保つことができるのです。13層やすらぎマットレスなら防ダニ抗菌防臭にも徹底しているので、ダニやカビも繁殖しにくいように作られており、13層やすらぎマットレスを購入前に確認すべき3つのことの記事でもご紹介していますが、お手入れ方法も簡単。外に干す必要はありません。そのため、湿度の高い時期でも快適に寝ることができ、長く利用することができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は13層やすらぎマットレスの抜群の通気性についてご紹介しました。まとめると、湿度の高い日本で快適な睡眠をとるためには寝具の通気性はとても重要で、13層やすらぎマットレスなら通気性が抜群で季節によらず1年中快適な睡眠をとることができます。マットレスを購入するならば快適な睡眠ができる13層やすらぎマットレスを選んで、気持いい睡眠ライフを手に入れましょう♪

おすすめの記事