13層からなる厚さ27cmの高反発マットレス「13層やすらぎマットレス」は13層のやすらぎマットレスのおすすめポイント徹底分析の記事でご紹介している通り、腰痛や肩こりに悩む人にとって快適な睡眠を確保できるおすすめのマットレスです。そんな寝やすいマットレスをせっかく購入したのに「部屋に入らない」「圧迫感があってストレスが溜まる」といった状況になってしまうと、ゆっくりリラックスして寝るために買ったはずのマットレスが逆効果になってしまいますよね。そうならないためにも、マットレスを購入する前にマットレスのサイズの選び方を知っておきほうがよいです。ここではベストなマットレスのサイズの選び方についてご紹介します。

13層やすらぎマットレスの高い反発力をもつ理由についてご紹介しています。

13層やすらぎマットレスのサイズを知ろう

13層やすらぎマットレスのサイズを知ろう
マットレスに限らずベットなどの寝具を購入するときはまずサイズを知る必要があります。ベットのサイズはシングル、セミダブル、ダブルなど数種類のサイズがあり、それぞれの横幅が異なります。ベッドにもよりますがだいたいはシングルの場合100cm前後、セミダブルの場合120cm前後、ダブルの場合140cm前後となっています。13層やすらぎマットレスの場合は、

  • シングル……97cm
  • セミダブル……120cm
  • ダブル……140cm

13層やすらぎマットレスのサイズを知った後はマットレスを置く部屋の大きさを考えてサイズを選びましょう。

一般的にシングルはちょうどいいサイズの一人用、セミダブルはゆったり寝れる一人用、ダブルは二人用として購入されるケースが多いです。

記事始めに戻る

自分の体にあったサイズを選ぼう

一人で寝るからシングルサイズでいいという安易な考えでサイズを選びがちですが、身長や体型などを考慮して自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。例えば男性であれば、シングルサイズだと小さいという方も多く、実際に購入して寝てみると窮屈で寝にくいという失敗談も多いようです。窮屈に感じないベストなサイズの選び方のポイントは、肩幅プラス30cmの横幅のあるサイズを選ぶことです。また、もっとゆったりと寝たいという人は肩幅プラス50cmの横幅のあるサイズを選ぶとよいでしょう。

部屋のレイアウトを考えよう

部屋のレイアウトを考えよう
自分の体にあったサイズを選んだら、実際にマットレスを置くこと部屋のレイアウトを考えましょう。チェックポイントとしては、マットレスを置いたときにクローゼットの扉が開くか、部屋のドアが開くか、タンスが開くかどうかをしっかりシミュレーションしておきましょう。また13層やすらぎマットレスを購入前に確認すべき3つのことの記事でもご紹介していますが、マットレスを置く部屋までの搬入経路の広さも考えておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は13層やすらぎマットレスのベストなサイズの選び方についてご紹介しました。新しくマットレスを購入する時、ただ部屋のサイズを考えるだけではダメです。自分の体に合わせたサイズ、部屋のレイアウトに合わせたサイズ、搬入経路を考慮したサイズをしっかり考えてみましょう。

おすすめの記事