高反発マットレスはモットン以外にも13層のやすらぎなどが存在します。13層のやすらぎマットレスはポケットコイルを採用した27cmの極厚マットレスで就寝時の体圧分散性に優れ、腰痛や肩こりに悩む人におすすめのマットレスです。ここでは、高反発マットレス「モットン」のメリットとデメリットを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

高反発マットレスモットンとは

高反発マットレスモットンとは
高反発マットレスモットンは、13層のやすらぎマットレスと比較すると薄型のマットレスでベットやベットマットレスの上に置いて使用できるタイプの高反発マットレスです。極厚マットレスと比較すると価格が安く収納性に優れています。自然な寝返りを打つことをもっとも重視したマットレスで寝起きの良さを実感できるという口コミが多い高反発マットレスです。

記事始めに戻る

モットンのメリット

モットンは上記で説明した通り、極厚タイプの高反発マットレスと比較すると格安で購入できるため購入しやすさに定評があります。また、マットレスの厚さが8cmなので軽量で引っ越しの時などに持ち運びやすいです。80,000回の耐久試験にも耐えた実績があるため、マットレスがへたりずらい特徴があります。また極厚マットレスと比較すると通気性もよくメンテナンスやお掃除が手軽と言えます。

モットンのデメリット

モットンのデメリットは極厚タイプのマットレスと比較すると体圧分散性や寝姿勢を保つ力が劣ります。また、敷布団や敷布団タイプのベットマットレスと比較すると重量が重く、折りたたんだりすることが難しいため収納性が低いと言えます。ただし、このデメリットは多くの高反発マットレスに共通して言えることです。大切なことはマットレスで何を重視するか?です。睡眠の質を重視する方はモットンや13層のやすらぎマットレスのような厚いマットレス、収納性やメンテナンスのしやすさを重視する方は薄い敷布団タイプのマットレスがおすすめと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。高反発マットレスモットンのメリットとデメリットを紹介しました。マットレスは長年付き合うものです。なるべく早い段階で質の良い物に変えることは長期的に人生を豊かにしたり、人生を長く生きることにつながります。まずはそれぞれの高反発マットレスをチェックしてみてくださいね!

おすすめの記事