ベットとマットレスの違いをしっかりと理解している人は少ないと思います。ベットもマットレスも毎日の生活に直結するとても重要な生活の質を向上させる就寝グッズですよね。人生の約3分の1は睡眠時間です。この睡眠の質を最大限まで向上させることが結果的にビジネスやプライベートの質を高めることにつながります。ベットとマットレスの違いをしっかり理解して正しい睡眠を手に入れましょう。
合わせて読みたい:

ベットとは

ベットとは
ベットは寝る場所を指します。畳やフローリングに敷布団や薄手の低反発マットレスを直接置いたり、組み立て式のベットの上に高反発マットレスを置いたりして就寝スペースを作ります。ちなみに「ベット」と「ベッド」と呼ぶ人がいますが、厳密に言うとどっちでも問題ありません。

記事始めに戻る

マットレスとは

マットレスとは
マットレスは厚手の生地で就寝時の身体をしっかりと支えるコイルが入った物を指します。低反発マットレスと高反発マットレスのメリットとデメリットという記事で紹介していますが、マットレスにはノンコイル系マットレスとポケットコイルマットレスとボンネルコイルマットレスが存在します。それぞれメリットとデメリットがありますが、しっかりと体全体を支えてくれるマットレスが欲しいならポケットコイルマットレスがおすすめできます。

高反発マットレスの低反発マットレスの違い

マットレスの反発性は「ニュートン」で比較することができます。100前後ニュートンのマットレスは低反発マットレスに分類されます。120ニュートン以上のマットレスは高反発マットレスに分類されます。好みは人それぞれですが、慢性的な肩こりや腰痛をお持ちの方で寝ている時に腰痛を悪化させたくないというニーズを持つ方は、高反発マットレスがおすすめと言えます。

また、体重が重い方は体がマットレスに沈みやすいので高反発マットレス、体重が軽い方は低反発マットレスがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。ベットとマットレスの違いを紹介しました。正しいマットレスを選ぶことは人生を有意義にして活力をアップさせることにつながります。当サイトでマットレス選びの基礎知識を学びながらおすすめの高反発マットレスをチョイスしてみてください。

おすすめの記事