腰痛の悩みがある、肩こりを解消したい、アレルギー(カビ・ダニ・アトピー)に対応したマットレスが欲しい、子どもが安心して使えるマットレスがほしい、質の高い睡眠をして仕事の生産性を上げたい、引っ越しするので家具を一新したいなどのニーズを持っている方は低反発マットレスと高反発マットレスの情報を調べていると思います。質の良い睡眠を取ることは仕事やプライベートをイキイキとさせますね。女性の場合はお肌とバストのゴールデンタイムに良質な睡眠を確保することで女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促進させるので、バストアップや美肌に効果的です。ここでは、低反発マットレスと高反発マットレスのメリットデメリットを紹介します。マットレスは誰でも毎日使うものです。一緒に勉強しましょう。

マットレスの種類

マットレスの種類
マットレスにはノンコイルマットレスとポッケトコイルマットレスとボンネルコイルマットレスが存在します。それぞれメリットとデメリットがあります。

ノンコイル系マットレスのメリットとデメリット

ノンコイル系マットレスはたたんだりできるため収納性に優れているのでワンルームや部屋が狭い方におすすめできます。デメリットとして空気が逃げないので通気性はなく、夏場の使用にはあまりむいていません。強度がないので痛みやすいです。厚さ10センチ以下のマットレスを使っている場合、横向きに寝ると底づき感があり寝づらいです。低反発マットレスで使用されるケースが多いです。

ボンネイルコイルマットレスのメリットとデメリット

価格が安く耐久性に優れています。畳や床で寝ていた方は寝心地が似ているため、マットレスを初めて買う方でも寝心地に違和感がなく寝やすいです。しかし、振動がマットレス全体に伝わりやすく横揺れがひどく隣で寝ている人の振動が伝わります。お尻や肩など、ピンポイントで負荷がかかりやすいと言えます。ノンコイル系マットレスと比較すると折りたためないため収納性が低いといえます。

ポケットコイルマットレスのメリットとデメリット

コイルが独立しているので耐圧分散性に優れていて理想の寝姿勢を保つことができます。高級ホテルなどで使用されているケースが多いです。ボンネイルコイルマットレス同様、折りたためない点がデメリットと言えます。「13層のやすらぎ高反発マットレス」もポケットコイルマットレスです。

まとめ

いかがだったでしょうか。低反発マットレスと高反発マットレスのメリットとデメリットを紹介しました。それぞれメリットとデメリットがあります。色々なマットレスを比較してみてください。
ベットとマットレスの紹介をしています。一緒にチェック!

おすすめの記事