高反発マットレスは腰痛持ち、慢性的に肩のコリを感じている男女におすすめできる寝具です。敷布団やベッドマットレス、低反発マットレスと異なり、腰痛を悪化させたくなという願望を持つ方にぴったりです。ここでは、高反発マットレスの基本的な選び方を紹介します。高反発マットレスに限らず寝具は最初に大きな出費を強いられますが、長期的に見ると10年以上持つマットレスが大半を占めるため、正しい使い方をしていれば結果的に1日あたり数十円の出費で健康的な生活を手に入れることができますよ♪

体圧分散性を重視

体圧分散性を重視
寝ている間にマットレスが沈んでしまうとカラダの一点に大きな負荷がかかります。これが結果的に腰などを初めてとして健康にマイナスな効果をもたらしてしまいます。だから、体圧分散性を重視する必要があります。高反発なマットレスほど体圧分散性が高くカラダの一点に負荷がかかり続けることを防ぐことができます。成人男性のマットレスの反発性は100〜200ニュートンの間がおすすめです。また、13層やすらぎマットレスは27cmの極厚マットレスだから体圧分散性が高いと言えます。
高反発マットレスのメリットデメリットも一緒にチェック!

記事始めに戻る

メンテナンス性

メンテナンス性はとても重要です。通気性が悪いだけでもメンテナンス性が低くなり、カビなどが生えやすくなります。カビが生えた状態のマットレスに寝ていると健康にも良くありません。(実感できるレベルではないですが、カビが生えたマットレスで寝ることは確実にデメリットしかありません。)

価格帯

価格帯
高反発マットレスの価格帯はピンからキリまでありますが、大体3万円〜10万円といったところです。当サイトでおすすめしている「13層のやすらぎマットレス」は9万円台後半となっていますが、確実にその価値はあると言っても過言ではありません。例えば、高反発マットレスで良質な睡眠を取ることにより健康的なカラダになり、病気になりずらくなるだけで医療費が大きく削減されます。また、仕事に集中できる環境ができることで成果を出して所得が大きくアップする可能性も多いにあります。高反発マットレスの初期出費は大きいですが、長期的な視点で購入することをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。高反発マットレスの基本的な選び方を紹介しました。この他にも様々な選び方がありますが、まずは体圧分散性や価格帯を重視してみてはいかがでしょうか。きっとあなたの人生をより良いものにしてくれると思いますよ♪

おすすめの記事