疲れが取れない!良質な睡眠とマットレスの関係性とは

働き過ぎや運動を習慣にしていないと寝ても疲れが取れないケースは往々にあります。筆者も30歳を超えたあたりから、寝ても疲れが取れないケースが多くなってきました。疲れを取るには良質な睡眠と就寝環境が重要となります。ここでは、良質な睡眠とマットレスの関係性を紹介します。良質な睡眠を取ることで人生がハッピーな方向に好転していくでしょう!
こちらの記事も合わせてチェック。

カラダと脳の疲れが連動しないとより疲れやすくなる

カラダと脳の疲れが連動しないとより疲れやすくなる
色々な本や雑誌で言われていることですが、現代人はITの普及によりデスクワークの時間が圧倒的に増えています。それによりイスに座っている時間が長く血流が悪くなりがちです。また、クリエイティブな仕事や脳をよく使う仕事をしているとすごく疲れますよね。(考え疲れみたいな状態。。)これが疲れが取れづらいことにつながっています。脳が疲れてもカラダ自体はオフィスワークのため疲れていないと判断してしまいます。これにより脳がしっかりと休まないことにつながる可能性があります。これが寝ても疲れが取れない原因のひとつとも言われています。これを改善するには適度な運動をすることが重要と言えます。

ここで紹介している情報は個人差があり全ての人に共通して言えることではありません。

記事始めに戻る

良質な睡眠は健康状態を良好にする

良質な睡眠は健康状態を良好にする
良質な睡眠は健康状態を良好にしてくれます。それは体質改善、魅力的なプロポーションの維持(良質な睡眠でエストロゲンの分泌が促進され魅力的なカラダを維持することができます。)、毎日の生活をより良いものに変えてくれる効果があります。そして、良質な睡眠に欠かせないのがベッドです。敷布団やベッドマットレスのクオリティなどが重要になってきます。腰痛がひどい人は高反発マットレスがおすすめできます。また、就寝時間も重要です。女性なら常に気にするお肌のゴールデンタイム、午後10時〜2時の間にエストロゲンの分泌がもっとも活発になる時間帯です。

この時間帯にしっかりと睡眠を取るようにするのがベストです。

こちらの記事も合わせてチェック:

まとめ

いかがだったでしょうか。良質な睡眠とマットレスの関係性を紹介しました。ここで紹介した情報がマットレス選びの参考になれば幸いです。自分のカラダに合ったマットレスで寝ることがもっとも重要です。良いマットレスのポイントは、「体圧分散」と「寝返りを打ちやすい」点です。

おすすめの記事