いくら寝ても疲れが取れず熟睡できない原因はたくさんあります。熟睡できない原因は3つの悪習慣です。一緒に勉強していきましょう。

睡眠時の3つの悪習慣とは

ストレスを抱え込んでいる

ストレスは睡眠に大きな悪影響を及ぼします。不安や心に精神的なプレッシャーを感じた状態が続くと、寝ていても脳が休まらずに寝ても疲れが取れない原因の1つにつながります。気分が冴えない日々が続いてビジネスとプライベートのマイナス要因となります。

お風呂に入らずに寝ている

毎日遅くまで働いていると夜疲れて帰ってきて何もやる気が起きませんよね? 筆者もそうですが、疲れて帰ってきてそのままベッドインしてしまうケースがあります。一度お風呂に入らずに寝てしまうとクセになってしまい、朝お風呂に入る生活が続いてしまうこともあります。お風呂に入らないで寝ると、一日の汗や疲れも取れません。さらに温かいお風呂につかることでリフレッシュとリラックス効果を感じることができます。お風呂上がりにアロマの香りで理想的な入眠体制を作ることができます。

お風呂に入らずに寝るデメリットは思ったより多いです。

ペラペラのマットレスを使っている

ニトリなどで購入できるマットレスは、価格帯にもよりますが、薄めのマットレスとなっており体重が重たい方がそのマットレスを使うと慢性的な腰痛に悩まされる可能性があります。特にフローリングに薄手のマットレスを敷いて寝ている方は、起きたら腰が痛くなっていることもあると思います。せっかく買ったマットレスだからといって我慢して使うと、寝ている間に身体に負荷をかけていることになるので、いくら寝ても疲れが取れない要因となります。

当サイトでおすすめしている高反発マットレスを検討しましょう。高反発マットレスは、耐圧分散性が高く快適な睡眠環境を手に入れることができます。おすすめなのは、13層やすらぎ高反発マットレスです。価格は少し張りますが、必ず最良の睡眠を手に入れることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。いくら寝ても疲れが取れないのは3つの悪習慣が原因と言えます。ここで紹介した3つ以外にも睡眠で疲れが取れなくなってしまう原因は多くあります。もっとも手軽で睡眠の質を改善する方法は寝具や就寝環境を改善することです。また、ストレスを抱え込むことも睡眠に悪影響を及ぼします。人生に余裕を持って生活を改善しましょう!

おすすめの記事