光目覚まし時計inti4が定番で多くのメディアで快眠を実現できる目覚まし時計として脚光を浴びています。当サイトでも様々な観点から光目覚まし時計inti4を紹介していて効果があるのは折り紙付きです。そこで今回は、筆者も毎日愛用している光目覚まし時計inti4の体験レビューを紹介します!

光目覚まし時計inti4とは

inti4
inti4は、ムーンムーン株式会社が製造販売する光目覚まし時計で「光のパワーで起きる」というコンセプトの目覚まし時計です。従来の目覚まし時計と異なり、けたたましい騒音で起きるタイプでないので体が感じるストレスも最小限に抑えることができます。また、部屋で2,500ルクス以上の光を30分間浴び続けることで日光を浴びるのと同じ効果を得られることから多くのビジネスパーソンや起立性調節障害の子どもを持つ親御さまにも愛用されている商品です。起床時に2,500ルクス以上の光を30分間浴びることでセロトニンの分泌が促進されます。朝日と同じ効果が実感できる光を浴びたことで分泌されたセロトニンは夜眠る頃にメラトニンに変換されて、安眠促進してくれます。このことからも起床時に光を浴びて起きることはとても重要となっています。

当サイトで15種類以上の光目覚まし時計を比較検証しましたが、光目覚まし時計の中で群を抜いて高性能で効果が実感できる上にコスパが良い製品は、inti4です。

光目覚まし時計inti4の特徴

光目覚まし時計inti4の最大の特徴は、300g前後の軽量タイプながらいつでもどこでも持ち運ぶことができる上に、光目覚ましとしての効果を実感できる2,500ルクス以上の光源を確保できる点です。当サイトで15種類以上の光目覚まし時計を独自調査しましたが、実際に効果を実感できる製品は全体の20%程度しかありませんでした。そして、手軽で持ち運びが手軽にできる製品も少なくinti4がとても推奨できると言えます。

光目覚まし時計inti4を開封

光目覚まし時計inti4
光目覚まし時計inti4に含まれているのは本体とACアダプター、壁掛け用の付属パーツ、inti4設定マニュアルです。筆者は期間限定で目覚めにプラスをもたらすグッドモーニングサプリも無料でプレゼントされました。旧タイプのインティスクエアはマニュアルを確認しても少し設定に迷う点がありましたが、inti4に関しては全く迷うことなく設定することができました。設定マニュアルに関してはそのまま読んで設定すれば問題なくできると思います。

光目覚まし時計inti4が気になる方は一度最安値で購入できるinti4の公式サイトをチェックしてみてください!

光目覚まし時計inti4の初期設定

inti4の初期設定を簡単にまとめると時間を合わせて、目覚まし時刻やアラームの有無をセットするだけです。筆者はスマホアプリとint4をブルートゥースで連動させてアプリ側から時刻や照度の設定などをできるようにしました。壁掛けで使用しているのでアプリから設定できるのはかなり楽で重宝しています! 特にアプリから照度を明るくすることができるので、まぶしさで半強制的に起きたい時にも活用できます。

  1. 時間をセットする(AM、PMを間違えずに)
  2. 時刻設定をする(設定時刻の30分前から徐々に明るくなる仕様です)
  3. スマホアプリをインストールしてinti4と連動させる

光目覚まし時計inti4の初期設定は2点のみです。ACアダプターをつないで使用するタイプの商品なので電池などを購入する必要もありません。

アプリストアには旧タイプのintisquare用のアプリ(inti目覚ましアプリ)も存在していました。inti4専用のアプリは「inti light」です。間違えないようにしましょう!

inti4アプリの操作性

まず、最初にアプリストアでinti4アプリをインストールしましょう。筆者はiPhoneなのでAppStoreでインストール
inti4アプリ
設定画面はこのような感じです。時刻やアラームの設定と共に太陽を指でスワイプするだけで光の照度を調節することができます。
inti4アプリ

inti4の光源

蛍光色
光目覚まし時計の光はこのような感じになっています。大変分かりづらくて恐縮ですが、上の画像が蛍光灯で使用しているような蛍光色です。inti4は蛍光色以外にもダウンライトで使用するような温もりのある暖色も設定できます。筆者は圧倒的に暖色派です。暖色は下記のような光を発します。
inti4

inti4の設置方法

光目覚まし時計inti4
inti4は電源アダプターで起動する製品なので電源コンセントが必要となってきます。付属の壁掛けパーツをセットすれば写真のように壁掛けで使用できます。筆者のような就寝環境だと壁掛けがもっとも光をしっかり浴びることができます。当然、置き時計タイプとしても使用することはできます。

 壁掛け用のフックは付属されていません。穴にひっかけることができるようなよくある壁掛けフックタイプを購入しましょう!

光目覚まし時計inti4が気になる方は一度最安値で購入できるinti4の公式サイトをチェックしてみてください!

記事始めに戻る

inti4の効果と体験談

inti4
光目覚まし時計inti4は従来のインティスクエア目覚まし時計より光量が多く最大で3,500ルクスの光を浴びることができます。顔から30cm離した状態でも約2,500ルクス以上の光源を確保することができます。朝日は1万ルクスを超えますが、目覚めを促進する脳内物質であるセロトニンの分泌を促進するには2,500ルクス以上の光を30分間浴びるだけで問題ありません。セロトニンは12時間程度経過すると睡眠を促すメラトニンに体内で変換されます。要するに起床時にセロトニンの分泌を促進するぐらいの光を浴びることで目覚めも良くなり、時間が経過すると睡眠を促す良好な体内時計の快眠サイクルを実現することができます。光目覚まし時計inti4を使い続けることで理想的な睡眠と目覚めを手に入れて健康的な生活を送れるようになります。

inti4の体験談

inti4を使い始める前は、仕事柄昼夜逆転に近い状態になっていました。夜に仕事することで就寝時間が深夜3時前後になっていてお昼前に起きる状態が慢性的に続いていました。筆者も良くないと感じながらも、その生活を続けていました。inti4を購入して心機一転、朝6時に起きて夜12時前に寝る習慣に変更しようと考えました! inti4を始める前は強制的に徹夜して無理やり12時前に寝ました。最初は光だけで起きることができるか不安だったので、アラームも併用しました。初日はスッキリ起きることができました。その後も毎日就寝時間と起床時間を守る生活を続けました。1週間ぐらいしたら起きるのが簡単になってきたのでアラームを辞めました。その後は、光だけでスッキリ起きることができるようになっています。生活リズムの改善に確実に効果があったと実感しています。

使い始めてから1週間ぐらいは、inti4アラームやiPhoneのアラームも併用していましたが、1週間ぐらいしてからは自然と光で目覚められるようになりました。いつもよりスッキリ起きられる上にもう少し寝たい……という現象が起きずにすぐに起きることができるようになりました。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計inti4を購入した体験談を紹介しました。光目覚まし時計inti4が気になる方は一度最安値で購入できるinti4の公式サイトをチェックしてみてください! 理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事