当サイト、快眠天使は「不眠やいびき対策で人生をもっとスマートに」というコンセプトで人生の質を高める睡眠テクニックなど、眠りに関する情報を総合的に紹介しています。ここでは、室内にいながら光を体に取り入れることができてコンパクトで持ち運びやすい光目覚まし時計をランキング形式で紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

光目覚まし時計が快眠や目覚めを助ける仕組みは下記の記事で詳しく紹介していますので、まだ知らない方は先にチェックしましょう!

光目覚まし時計ランキング3選

3位 フィリップス ウェイクアップライト

フィリップス ウェイクアップライト
フィリップスのウェイクアップライトです。コンパクトで外に持ち運ぶことも可能となっている商品です。楽天ショッピングやAmazonで購入可能です。唯一の難点が価格が3万円中間と少し高いこと、そして光の照度が300ルクスしかない点です。光の照度のみにフォーカスすると室内照明と大差がないレベルなので、光目覚まし時計としてあまりおすすめはできない商品となっています。しかし、安眠を促進する仕組みとして光の色を赤橙色→黄色→白色に変化していくように設定することができる点はプラスポイントですね!

2位 ブライトライトME+

ブライトライトME+
ブライトライトは、最大10,000ルクスの照度を確保できる光目覚まし時計となっています。光が当たる距離でルクスを調節することができます。光目覚まし時計としての効果はバッチリですが、横幅50cm程度、高さが30cm程度あって外に持ち運ぶことはできますが、出張などでホテルに持っていけない点は大きなデメリットといえます。価格も3万円台後半となっており、やや高めとなっています。ブライトライトは持ち運び可能ですが、室内用として使うことを前提とした作りになっています。

1位 光目覚まし時計inti4

インティスクエア
やはり、当サイトでおすすめしている光目覚まし時計inti4がもっともイチオシです。iPhone1台分の大きさで300gの軽量モデルながら、セロトニンの分泌を促進する2,500ルクス以上の光を5分〜30分浴びることが手軽にできます。ベット横に設置することもできますし、取り外してバッグに入れれば出張先や色々な出先で活用することができる光目覚まし時計となっています。価格も2万円台なので出費を抑えることができます。起立性調節障害の子どもに試してほしい商品でもあるので、最安値で購入できる公式サイトをチェックしてみてください! 理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。コンパクトで外に持ち運べる光目覚まし時計をランキング形式で紹介しました。それぞれのライフスタイルに合う気に入った商品を購入してみてください。高価な光目覚まし時計は短期的に手痛い出費となりますが、長期的な視点で見ると毎日カップコーヒー1杯と同じ値段で使い続けることができますよ!

おすすめの記事