軽度のいびき対策ならナステントがおすすめな3つの理由

シェアする

軽度のいびき対策ならナステントがおすすめな3つの理由

軽度・重度に限らずいびきは無呼吸症候群の入り口として身体からSOSが出ている状態です。いびきがうるさいぐらいだったら、家族や友人に嫌がられたり怒られたりするだけで生命の危機はありません。しかし、いびきが進行して慢性的に睡眠時の無呼吸につながり始めると危険信号が伴ってしまいます。無呼吸状態がずっと続くわけではないですが、無呼吸状態が続いたままになってしまい、脳に酸素が供給されずに脳に障害を負ったり、最悪の場合、身体に重大な障害を引き起こしてしまう可能性もある怖い病気といえます。ここでは、軽度のいびき対策に有効なナステントを紹介します。
※現在、ナステントは販売を中止しています。販売開始次第、再度アナウンスいたします。

ナステントは鼻に入れて眠るだけで今まで気になっていた騒音レベルに近いいびきを改善することができる商品となっています。ナステントを使うことで、...

CPAPは重度の無呼吸でないと使えない

CPAPは重度の無呼吸でないと使えない
睡眠時無呼吸対策はナステントとCPAPはどっちがおすすめ?という記事で紹介していますが、CPAPは病院や専門クリニックで重度の無呼吸と医師から認められないと使用することができない保険適用の医療機器(マスクタイプの人工呼吸器)です。逆にCPAPの使用を推奨されると取り返しがつかないレベルの無呼吸で生命に危機を脅かしている状態ともいえます。CPAPはマスクをつけて加圧で強制的に酸素を供給して気道を確保する仕組みとなっており、マスク装着の寝苦しさや機器の衛生メンテナンスなどの面倒な手間から1年以内に約半数の人が使用を辞めてしまうという統計もあります。

CPAPを使用する程度の無呼吸になったら肥満になっているケースが大半なので、食事制限とダイエットで脂肪を燃焼させて睡眠時の気道を確保することが最優先となります。ダイエットをすれば自助努力でCPAP生活を卒業することができます。

軽度のいびき対策ならナステント

上記で紹介したとおり、CPAPは無呼吸対策となってくるのでいびき対策をするならコエンザイムQ10が配合されたいぶきの実を生活に取り入れて、生活習慣を改善しながらナステントの利用がおすすめとなります。

いつでもどこでも使える

ナステントクラシック
ナステントはiPhone程度の大きさの鼻から入れるタイプのソフトチューブとなっています。ソフトチューブで物理的に気道を確保していびきを改善する目的の商品となっています。個装されて滅菌処理が行われていて安心安全に利用することができます。バッグに入れられるサイズなので出張時や仕事帰りの新幹線や飛行機など、公共の場で寝る時に気になるいびきを対策することができます。

袋も薄型で小さなバッグでも持ち運ぶことができる点、いつでもどこでも装着できるのが大きなメリットといえます。

スマホで公式ショップにアクセスすれば買える

ナステントは一般医療機器の認可を受けた商品で薬局や病院などでも取り扱っています。医師の処方がないと利用できない商品です。いびき対策をしたいと思ったら最短即日で受け取ることができます。

鼻の問題がない限り誰でも使用できる

鼻水、鼻づまり、鼻腔内に出血・炎症がない限り、誰でも使用することができます。一般医療機器は個人で使用しても間違った使い方をしなければ安全性が認められた商品です。ただし、中学生以下の子どもだったら親御さんのサポートが必要となります。

ナステントクラシックは、鼻から潤滑ゼリー付きのソフトチューブをのどちんこまで入れて睡眠時の気道を確保することにより無呼吸状態の発生率を下げる...

まとめ

いかがだったでしょうか。軽度のいびき対策だったらナステントがおすすめとなっています。まずは、公式サイトに移動してナステントをチェックしてみてください。初回限定で半額の1,800円で6本セットが購入できますよ。今すぐチェック!

公式サイトで購入する

この記事を書いた人

コミュニチャー編集部
コミュニチャー編集部コミュニチャー編集部

生物学修士のスタッフと編集長が監修した情報です。快眠に関する情報を総合的に紹介しています。