睡眠時の無呼吸は、よっぽどの重度の症状にならなければ身体に異常をきたしてすぐに入院しなければならないような類の病気ではありません。一般的に肥満による気道の狭まりから睡眠時の呼吸が困難になるのがもっとも大きな要因として挙げられています。無呼吸症候群対策としてもっとも利用されるのがCPAPです。CPAPとは異なるアプローチで無呼吸症候群を改善できるのがナステントとなっています。ここでは、無呼吸対策にナステントとCPAPのメリットデメリットをそれぞれまとめて紹介します。
※現在、ナステントは販売を中止しています。販売開始次第、再度アナウンスいたします。

CPAPのメリットデメリット

CPAPのメリットデメリット
CPAPは、顔にマスクをつけて酸素供給機から酸素を送って睡眠時の自然な呼吸を確保できる、人工呼吸器に分類される医療機器です。専門クリニックや病院で医師の診断・指導を受けた上での使用が許可された商品となっています。保険適用されるのがもっとも大きなメリット(保険適用された状態で1ヶ月のレンタル料金は5,000円程度)といえます。保険適用されるのは良いですが、大型サイズの機械が必要なので旅行や出張時に持ち運ぶことができないデメリットが存在します。当然、CPAPなしで睡眠ができない状態になっていると海外旅行にも行けなくなってしまいます。また、睡眠時にマスクをつけるのに不快感を感じる人が多いです。

マウスピースや外科治療などの選択肢もありますが、肥満による無呼吸症候群の場合はどちらも劇的な改善効果を見込むことができなかったため、CPAPがもっとも普及している対策グッズとして利用されてきた経緯があります。CPAPの使用を検討する場合、専門クリニックや病院で医師に相談する必要があります。

記事始めに戻る

ナステントのメリットデメリット

ナステントクラシックとは
ナステントは医療の救急治療の現場で用いられる鼻からチューブを入れて気道を確保するという概念に基づいた新しい無呼吸症候群対策グッズです。一般医療機器の認可も受けた商品となっており、専門クリニックや病院で医師の処方を受けた上で購入することもできます。
ナステントのもっとも大きなメリットは、人肌と同じ柔らかさの潤滑ジュルがついたソフトチューブを鼻から入れるだけで睡眠時の気道と自然な呼吸を確保できる点です。上記で紹介したCPAPのように大きな機械が必要ないので出張時や旅行時にも気軽に持っていくことができるので、出張続きの多忙なビジネスパーソンや旅行好きの方におすすめの商品といえます。デメリットは、CPAPと比較すると価格が高く1回使い捨てタイプで600円の価格といえます。1ヶ月毎日使用したら18,000円(公式サイトの定期コースを購入すれば割引が効きます。)となってしまうので、CPAPと比較すると1万円以上価格が高いので使用をためらってしまうケースがあります。しかし、ナステントは手軽さと自宅で自分一人でできる無呼吸症候群、いびき対策グッズとしておすすめできます。
ナステントクラシック

初回限定でお試し6本セットが半額の1,800円で購入できます。気になる方は公式サイトに移動して購入して一度試してみてはいかがでしょうか。初回限定で安く安価に買えるので試してみることをおすすめします!

まとめ

いかがだったでしょうか。無呼吸症候群対策に効果的といわれているナステントとCPAPを紹介しました。どちらも薬局や病院で販売されている医療機器の認可を受けた確実に効果を実感できる商品となっています。睡眠時にマスク(ガスマスクのような大掛かりなもの)をつけたり、大型機器を枕元において機器の作動音(モーター音でパソコンと同じぐらいの音)が気にならない方はCPAPをメインで使用して、出張時や旅行時にナステントを併用するというような使い方でも良いと思います。ちなみにCPAPは、重度の無呼吸を認められないと医師から処方してもらうことができません。軽度の無呼吸だったら肥満改善とナステントを生活に取り入れて、無呼吸といびきからさよならしましょう!

おすすめの記事