ナステントは鼻からソフトチューブを入れて気道を確保していびき対策ができるお手軽便利グッズです。物理的に気道を確保することができるグッズなので、個人差がなくいびき改善の効果を実感しやすいのが一番のメリットです。ここでは、ナステントでいびきが改善されない時に確かめたいことを紹介します。

ナステントの正しい使い方をしていない

ナステントの正しい使い方をしていない
ナステントの正しい使い方をしていないと本来得るべき効果を手に入れることができません。ナステントの使い方で注意すべき点はソフトチューブの挿入方法となります。これがずれていたり、しっかりハマっていないと気道を確保できていない状態になってしまいます。また、ナステントは再利用できる?安心安全で危険性なく使う方法という記事で紹介していますが、ナステントは使い捨てを前提に製造された商品なので再利用が不可能な商品となっています。

ナステントの装着時に痛い、という口コミや評判もありますが、皮膚が弱かったり鼻の内部が乾燥していたりすると痛みを感じることがあります。下記のYoutubeを見ればナステントの正しい装着方法や付け方を学ぶことができます。


ナステントは水に近い潤滑剤がついていて鼻に挿入しやすい
ナステントは水に近い潤滑ゼリーがついているので痛みはほとんどありませんが、初めての装着だったら鼻とのどに違和感を感じると思います。また、ナステントの長さ(サイズ)が合っていないとつばを飲み込む時に変な違和感を感じてしまうと思います。慣れていないと話すのも大変なので寝る準備をしてベッド(布団)に入る直前にセットしましょう。また、枕の上で顔を左右にずらしてもナステントが動いている感じがするので嫌な感じがします。ベストはまっすぐ天井を見つめる仰向けが良いでしょう。ちなみに初めての利用だったらうつ伏せや横寝は避けた方が良いと思います。(鼻フックがついているのでありえませんが、鼻の中に入ったらどうしよう・・・と筆者は感じてしまいました 笑)

記事始めに戻る

肥満もいびきの大きな原因

肥満もいびきの大きな原因
ナステントはチューブで気道を確保する仕組みとなっていますが、肥満などが原因でナステントでも気道を確保できないくらい気道が狭まっていると、いびきを改善することができません。もし、ナステントでいびきを改善できないなら過度な肥満を疑いましょう。身に覚えがあるはずです。いびきを根本的な問題から改善するには、ダイエットも同時に行わなければナステントの効果も限定的でずっと使い続けなければいけなくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。ナステントでいびきが改善されない時に確かめたいことを紹介しました。ナステントは手軽に生活に取り入れることができるため、ついついいびき対策をナステントだけに頼りがちになってしまいます。もっとも大切なことはいびきの原因を断ち切ることです。過度な肥満はいびきの原因に直結します。もし、標準体重より多い状態が長年続いているなら適度な運動と食事制限で体重を落とす活動も合わせて始めてみてはいかがでしょうか? ナステントの公式サイトで購入すれば初回限定お試しキットが半額の1,800円で購入できます。安価にあなたにピッタリサイズのナステントを見つけることができます。鼻の通りが良い方を選んで固さはソフトタイプがおすすめです。今すぐチェック!

おすすめの記事