快眠を実現するには様々なポイントを考慮しなければいけません。起床時に重要となる目覚ましグッズも快眠を手に入れるのに欠かせないポイントのひとつです。ここでは、従来の音の目覚まし時計ではなく、光で目覚めるをコンセプトとした光目覚まし時計の選び方でもっとも重要なポイントを紹介します。光目覚まし時計はまだまだ一般的に知られていないので、ここで紹介する情報が選び方の参考になれば幸いです。

光目覚まし時計の選び方

光目覚まし時計の選び方
光目覚まし時計を比較する時に重要な3つのポイントとはという記事でも紹介していますが、光目覚まし時計を選ぶ時は照度にまず重点を起きましょう。その後に利便性です。比較するときには、価格もポイントとなります。

光目覚まし時計の照度

光目覚まし時計の照度は、2,500ルクス以上の光源を目から体に取り入れることができれば、太陽の光を浴びているのと同じ効果を得ることができます。太陽の光(朝日)は、10,000ルクス以上の照度となりますが、目覚めを促進する脳内物質であるセロトニンを分泌させるのに必要な照度が2,500ルクス以上となっています。そのため、2,500ルクスあれば朝日と同等の目覚まし効果を得ることができます。光目覚まし時計を選ぶ上でもっとも重要なのは照度です!

光目覚まし時計の利便性

光目覚まし時計を使う上で欠かせないのが利便性です。太陽と同じレベルの光を自宅の室内にいながらカーテンも開けずに実現することができますが、持ち運ぶのが困難だと利便性は著しく低下してしまいます。当サイトでおすすめしているinti4(旧商品名:intiSQUARE)のようにコンパクトで持ち運びしやすく、ビジネスバッグに入るようなサイズだったら出張時のホテルでも活用することができるのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計の選び方でもっとも重要なポイントを紹介しました。価格が高いという口コミや評価・評判も多いですが、長期的に使用する商品となるので費用対効果やコスパという観点で見ると著しく高い商品となります。今すぐの出費が難しいならボーナスや貯蓄ができ始めたタイミングで購入するようにしましょう。光目覚まし時計の要件を満たす照度と利便性を兼ね備えた、inti4(旧商品名:intiSQUARE)がおすすめです。iPhone1台分のサイズで300gの商品となりますが、セロトニンの分泌に必要な2,500ルクスの光源を確保することができますよ。700以上のメディアで注目を集める商品なのでまずは公式サイトに移動して購入を検討しましょう。睡眠の質が良くなることで人生が好転して思いもかけないハッピーな出来事が連発するかも知れませんね♪
理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事