子どもの起立性調節障害に悩む両親は年々増加傾向にあり、日本国内で潜在層も含めると100万人が起立性調節障害に悩んでいるといわれています。約4割の子どもが大人になってもこの症状に悩まされるという結果が出ています。ここでは、起立性調節障害の子どもに試したい、光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)の特徴と起立性調節障害の子どもに試すべき理由を紹介します。

大人になっても起立性調節障害に悩む人は多い

大人になっても起立性調節障害に悩む人は多い
大人になっても起立性調節障害に悩み続ける人は、約3人に1人程度といわれています。起立性調節障害は、生活習慣の改善による体内時計の調整などで解決するケースが多い反面、解決するために打つ手が少ない現状もあります。夜に寝付けない、朝起きられない、などの問題を解決するために親御さんが試すべき選択肢に光目覚まし時計が挙げられるケースがあります。

記事始めに戻る

光目覚まし時計inti4は起立性調節障害に効果的

光目覚まし時計intiの特徴
光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)に限らず光目覚まし時計の仕組みは簡単で共通しています。それは、「太陽の光と同等の効果を得られる光を浴びて目覚めを促進する脳内物質のセロトニンの分泌を促進すること」です。これ以上でもこれ以下でもありません。光目覚まし時計は、室内にいながら朝日を浴びて脳が起きるのに十分な量の光源を確保できます。

太陽の光は10,000ルクスを超えますが、セロトニンの分泌を促進するには2,500ルクス以上の照度を5分間〜30分間体全体で浴びれば良いです。※目に光を直接当てなければいけないワケではないのでご安心ください。

起床時に朝日と同等の効果を持つ光を浴びることで、セロトニンが分泌され睡眠を促進するメラトニンが抑制されるようになっています。生成されたセロトニンは夜になると睡眠促進のメラトニンに変換されます。起床時に自宅にいながらカーテンを開けずに決まった時間に光を浴びるだけで、体内時計が正常な状態にリセットされます。これが光目覚まし時計の特徴です。起立性調節障害の治療方法のひとつの手段として光目覚まし時計inti4を活用することができ、起立性調節障害を改善するきっかけになる可能性があります。

軽くて持ち運びができて返金保証制度もある

光目覚まし時計を比較する時に重要な3つのポイントとはという記事でも紹介していますが、光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)はコンパクトで持ち運びがしやすく価格が2万円台というのが大きなメリットといえます。お子様だけで手軽に使用することができます。iPhoneと同じぐらいの重量なので誤って落としたりしても大事故につながりづらいです。もし、子どもに使って効果がなかったとしても90日間の返金保証制度が備わっています。また、親御さんが使用しても良いので安心して購入できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。起立性調節障害の子どもに試したい、光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)の特徴や効果などを中心に紹介しました。起立性調節障害は、思春期に起こる可能性が高い自律神経機能失調と考えられています。子どもの健全でスピーディーな身体の発育により自律神経の働きが不安定になることがきっかけで起きるケースもあります。起立性調節障害は、色々な症状が見られるので障害を特定する難易度も高い傾向にあります。夜になかなか寝付けない、朝起きられない、立ちくらみやめまいなどの症状も起きやすく体内時計をリセットして不規則な生活を見直す必要もあります。
ここで紹介した光目覚まし時計inti4を使用すれば部屋にいながら太陽の光を存分に浴びることができ、セロトニンの分泌を促進して起立性調節障害の治療方法のひとつの手段として光目覚まし時計を活用できます。不登校気味で悩んでいるなら、まず公式サイトに移動してチェックしてみましょう!
理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事