光目覚まし時計は、朝日と比較すると劣るが目覚めを促進する脳内物質セロトニンの分泌を促進するのに十分な効果を実感することができます。当サイトでは、コンパクトで光目覚まし時計としての効果を実感できる商品であるinti4(旧商品名:intiSQUARE)をもっともおすすめしています。しかし、様々な光目覚まし時計を比較したいというニーズをお持ちの方もたくさんいます。ここでは、光目覚まし時計を比較する時に重要な3つのポイントを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

比較する時に重要な3つのポイント

比較する時に重要な3つのポイント
光目覚まし時計を比較する時に重要な3つのポイントは、光目覚まし時計としての効果があるか、価格帯、使い勝手(使いやすさ)です。故障・アフターケアの体制などが気になる方もいるかも知れませんが、光目覚まし時計は国内で製造している商品が多く怪しい業者が販売しているケースがとても少ないので安心して購入することができます。

光目覚まし時計としての効果は照度がポイント

繰り返しになりますが、光目覚まし時計は起床後に5分〜30分程度、2,500ルクス以上の光を目から浴びることでセロトニンの分泌を促進して睡眠を促すホルモンのメラトニンを抑制する効果が期待できます。よって光目覚まし時計としての効果を感じるには、2,500ルクス以上の照度を確保できる点を満たせば商品差はありません。

光を直視する必要はありません。2,500ルクス以上の光が視界に入ればOKです。朝日は10,000ルクス程度の照度で外を歩くだけでセロトニンが分泌されます。光目覚まし時計は、部屋にいながらカーテンも開けずに朝日を浴びた状態と同じ環境を作れる点が大きなベネフィットです。

光目覚まし時計の価格帯

光目覚まし時計の価格帯は、1万円台から5万円台が主流となります。1万円以下の商品だと、照度が2,500ルクス以下の商品も多くあるため注意が必要です。逆に5万円台の商品だと本体が大きすぎたりして、一人暮らしだと設置場所に困ってしまうケースもあります。なるべくinti4(旧商品名:intiSQUARE)のようにコンパクトで光目覚まし時計の用途を満たす商品を選ぶようにしましょう。

目覚まし時計は数年以上使うのが一般的です。そのため、長期的な視点で捉えると費用対効果が高くコスパが良い商品が大半となります。眠りの質を高めることで毎日を活力溢れる状態で過ごすことができます。

光目覚まし時計の使い勝手

光目覚まし時計は、なるべく持ち運びしやすいポータブルな商品を選ぶようにしましょう。いざという時に持ち運ばなければいけなくなるケースもあります。また、あまり大きい商品を購入してしまうと持ち運びができない上に引越しの時も大きな荷物となってしまいます。使い勝手=持ち運びやすさ、と捉えておくと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。光目覚まし時計を比較する時に重要なポイントを紹介しました。これ以外にも比較ポイントはありますが、効果があって、価格が自身のライフスタイルに合っていて、使いやすければ購入して良いでしょう! 当サイトでは、2万円台で購入できる上にコンパクトサイズで200g以下の重さで使える光目覚まし時計inti4(旧商品名:intiSQUARE)をおすすめしています。まずは、公式サイトに移動してチェックしましょう!
理想の睡眠を確保して毎日の生活を活動的にしましょう!

おすすめの記事