現在、いびきに悩んでいる人は日本で2,000万人以上で、歯ぎしりに悩んでいる人は1,000万人にも及びます。じつは夫や彼氏のいびき、歯ぎしりがうるさくて、一緒に寝るのが嫌になっている女性は多くいるのです。うるさいいびきを我慢して慣れるのを待っていたら、自分自身の体調が崩れたり、二人の関係が悪くなる原因になりかねません。相手にいびきを治してもらう努力をしてもらうべきです。そんな時あまり費用をかけずに簡単にできるのがいびきサプリです。特に「いぶきの実」はお客様満足度が高く、実感力がある人気のサプリです。そこで今回はいびきの実の実感力を支える有用成分はどういうものなのか、さらにその有用成分がもたらす効果について紹介します。

いぶきの実の有用成分

いぶきの実の有用成分

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とはエネルギーを作り出すことができる脂溶性のタンパク質で補酵素と呼ばれる物質です。肉類や魚介類によく含まれており、人間も体内で合成することができます。抗酸化作用を持っていることから女性用の化粧品によく配合されていることで有名です。コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があり、還元型が体内で効果的に働く活性型と言われています。いぶきの実で配合されているコエンザイムQ10はその還元型です。吸収率が高く効果を実感するまでに早いという特徴があります。
コエンザイムQ10はエネルギーを産出し、筋肉の働きを良くする作用があります。睡眠中に弛緩された筋肉が空気の通りを塞ぐことによっていびきが引き起こりますが、コエンザイムQ10は弛緩した筋肉をもとに戻すことができます。そのため、いびきの改善に効果があると期待されています。さらに、コエンザイムQ10は摂取した食物を効率的にエネルギーに変え、脂肪を燃焼したり、新陳代謝を上げたり、血流改善などにも効果をもたらします。つまりダイエットも期待できるので、肥満が原因でいびきが出ている人なら体重を減少させることでもいびきを改善する可能性があります。このようにコエンザイムQ10は直接的、間接的にいびきの改善に寄与すると言えます。

えごま油

えごま油はα-リノレン酸を多く含む油で、美肌効果や脂肪が付きにくいためダイエット効果もあるとして大注目されている健康食品です。えごま油はα-リノレン酸だけでなく実は、ビタミンEも豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化作用が強く、若返りビタミンとして知られています。アンチエイジングだけでなく血管も若々しくしてくれるため、動脈硬化や心臓病などの予防にも効果的です。コエンザイムQ10はビタミンEと一緒に摂取することにより持続性が高まり、吸収効率が上がります。そのためいぶきの実ではコエンザイムQ10以外にビタミンEを含んだえごま油を配合しています。

発酵ギャバ濃縮

ギャバ(GABA)は抑制性の神経伝達物質で体内にも存在するアミノ酸のひとつです。ギャバは興奮状態を抑制しリラックスさせる効果があり、イライラや怒りを落ち着かせる効果があります。いぶきの実ではそんなギャバを特殊な発酵技術で高純度に抽出し、濃縮しているため効率的に吸収できます。そのためイライラやストレスによって起こる歯ぎしりを防止する効果があると言われています。

ラフマエキス

ラフマもギャバ同様、気持ちを落ち着かせる効果があります。コレステロール値を下げたり、血圧を下げる働きを持っています。ラフマはギャバとの相性がよくギャバとラフマを同時摂取することによりより効率的にイライラ抑制の効果を発揮します。

記事始めに戻る

いぶきの実の効果

いぶきの実の効果
いぶきの実はこれら4つの成分が配合されており、コエンザイムQ10とえごま油は緩んだ筋肉に働くことによっていびきを改善させ、発酵ギャバ濃縮とラフマは精神を落ち着かせることによって歯ぎしりを改善させる効果が期待できます。またいぶきの実では効率的に吸収できる還元型コエンザイムQ10を使用していたり、純度の高いギャバを高濃度で配合しているのでより実感力が高くなっています。さらに、これら4つの成分はその他にも様々な効果をもたらし、いびきや歯ぎしりの改善だけでなく、美肌やアンチエイジング、ダイエット、生活習慣病の改善など健康にいい効果をもたらしてくれると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はいぶきの実の有用成分といびきや歯ぎしりの改善効果を詳しく紹介しました。いぶきの実に含まれている成分はかなり効果的であることが分かりましたか?いびきに悩んでいるなら今すぐ試してみましょう。まずは1ヶ月! いびきや歯ぎしりに悩まない生活を手に入れて快適な毎日を過ごしましょう。

おすすめの記事