潤睡ハーブは効かない?原因と簡単な3つの対策方法を教えます!

シェアする

潤睡ハーブは効かない?原因と簡単な3つの対策方法を教えます!

レビューや口コミサイトで「潤睡ハーブは睡眠効果がない」「効果を実感できない」などという内容の投稿がいくつかあります。確かにすべての人に効果を発揮するという商品ではありません。その人の体質やその時の体調などによって効果が大きく左右されます。ただ、安易にレビューサイトや口コミサイトなどの投稿内容を真に受けて、潤睡ハーブを試してみないのはもったいないです。潤睡ハーブが不眠症の改善に効果的な3つのポイントの記事で紹介していますが、潤睡ハーブには上質な睡眠を摂るための成分がぎっしり詰まっています。もし、試してみて効果が実感できなかった時はまず原因を考えて、改善してみるとよいでしょう。そこで今回は潤睡ハーブが効かない原因と簡単な3つの対策方法について紹介します。

潤睡ハーブが効かない原因

潤睡ハーブが効かない原因
「潤睡ハーブを飲んでも効果がなかった」という内容のレビューや口コミを目にした人もいると思います。潤睡ハーブが効かない原因として考えられるのは、毎日飲み続けていないことです潤睡ハーブの効果を最大限実感するための飲み方のコツの記事で紹介した通り、毎日飲み続けることは非常に重要です。飲み続けなければ効果の実感力が低下するだけでなく効果を実感する時期も遅くなってしまいます。そのため通常ですと3ヶ月後あたりから徐々に効果を実感し始めますが数カ月飲んでいるのにいつまで経っても効果が現れないという可能性があります。また体調や体質によって個人差もあります
さらに最も大きな原因として考えられるのは、過剰なストレスです。ストレスは精神を不安定にさせ、落ち着いた状態へ導くことが難しくなってしまいます。潤睡ハーブにはストレスを軽減させリラックス効果をもたらす成分が含まれていますが、サプリで対応しきれないほどの過度なストレスは効果を実感できない原因になります。

潤睡ハーブが効かない時の対策方法

潤睡ハーブが効かない時の対策方法

飲む量を増やし、飲む時間帯を変える

もし潤睡ハーブの効果が実感できなかった場合、飲む量を増やしてみましょう。1日3粒飲んでいた方は1日6粒まで増やすことができます。1日6粒飲んで効果をより実感しやすい状態を作りましょう。また、飲む時間も工夫が必要です。潤睡ハーブの場合配合成分が摂取してから2〜3時間後あたりに効果を高く発揮するようになっています。そのため就寝する2〜3時間前に摂取するとより効果的に睡眠状態へ導けるようになるのでおすすめです。

ストレス発散する

上記した通りストレスは効果を実感できない原因となるため、ストレス発散することが大切です。自分の趣味などに時間を費やしたり、軽い運動を行うと、ストレスが軽減されます。

もう少し続けてみる

飲み続けてみて効果がなかったとしてももう少し飲み続けてみることをおすすめします。個人差によって3ヶ月で効果を実感できる人もいれば半年以上かけて効果を実感できるようになったという人もいます。せっかく飲み続けているのなら、途中で諦めずにもう少し飲み続けてみるといいでしょう。

睡眠の質が悪くて、日中仕事に支障をきたしたりイライラしたりすることはありませんか?上質な睡眠を摂るための安眠グッズが巷でよく売られていますが...

公式サイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は潤睡ハーブが効かない原因と簡単な3つの対策方法について紹介しました。効果がなかった場合すぐに諦めるのではなくまずは効果を実感するために自分でできることをやってみましょう!

この記事を書いた人

hinako
hinako生物学修士

生物学に8年間以上携わり生物学の修士として生体に精通した視点の記事執筆と監修を担当しています。